2018最新機種情報も!クックフォーミーvsホットクック 完全比較

煮込み系の時短家電、クックフォーミーと、ホットクック。

「この2つ、似てる…。どっちを買うべき?」購入時、迷う人も多いかと思います。わが家も購入時に迷いました。

そこで、2018年の最新機種の情報も含め、クックフォーミーvsホットクックを完全比較。

どんな家庭にどっちがオススメかを、口コミ含めてご紹介します!

 ※前提
・すべて2018年7月現在の情報で作成。
・クックフォーミーは、上位機種のクックフォーミーエクスプレスCY8511JPで比較。

・ホットクックは、容量が一番大きい2.4Lのヘルシオホットクック KN-HW24C-R で比較。ホットクックは4機種あり、各機種でできることが違いますので、ご注意ください。

管理人azusa
さらに、2018年7月には、ホットクックの新型 KN-HW16D-W  が登場!

こちらについてもご紹介していきますね!




 

【1】基本スペックの比較

★大きさ、重量

クックフォーミー、ホットクックともにほぼ差がないです。購入の決め手にする必要は特にないでしょう。

★容量

 

一番差があるのは、容量です。

クックフォーミーは、圧倒的に内蔵の釜が非常に大きいです。

ホントに10合のお米がたけます

そのためご飯が10合まで炊けたり、おでんの大量制作(6人前)もいけます。

キャベツを丸ごと蒸す、なんてことも可能です。

 

ただし、釜が大きいため、ちょっと洗いづらいです。

冷蔵庫で釜ごと保存するのにも、向きません。

クックフォーミーの釜は、冷蔵庫の棚に入りません。笑

 

一方、ホットクックは、釜の実物は普通の炊飯器レベルの大きさです。

ご飯は5合まで炊けますが、おでんの大量制作は、クックフォーミーに軍配があがります。

ただし、冷蔵庫で釜ごと保存することも可能です。

管理人azusa

ホットクックは、冷蔵庫で釜を保存できるのが、大きなメリット!

2つ釜を用意しておくと、保存にはとっても便利です。

カレーをつくって、そのまま釜で冷蔵庫に保存。

そのあともう1つの釜で別料理を作る…なーんてこともできちゃいますよ!


ホットクック専用の内釜を詳しく見る

 

 

★内蔵メニュー

両者、数にほぼ差はありません。ただし作れるメニューに、かなり差があります。

クックフォーミーは、「角煮」「チャーシュー」など、牛肉・豚バラ・鶏肉のがっつりした煮込み料理が多いです。

ご飯系も強く、「炊き込みご飯」「パエリア」「赤飯」などが作れます。

さらに、「チキンのバスク風煮込み」「ブイヤベース」「豚肉とポテトのハーブグリル」など、シャレオツ系メニューに強いです。

 

ホットクックは、同じ煮込みものでも、和食系が多め。

「角煮」「里芋の煮ころがし」「八宝菜」「切干大根の煮物」など、定番系が多いです。

麺類もいけて「スープパスタ」「そうめん」を作れます。

おもしろいところでは「甘酒」「手作り豆腐」「ヨーグルト」「手作りみそ」なんてメニューも。

 

2018年新型のホットクック KN-HW16Dならこうなる!

引用:シャープ株式会社プレスリリース

さらに新型KN-HW16Dは、内蔵メニューが126種類に増えています。
新しいメニューをダウンロードして追加することもできちゃいますよ。

 

★液晶画面

液晶画面は、クックフォーミーはカラー、ホットクックはモノクロですが、あまり気にする必要はないでしょう。

両者とも、手順と材料といった文字情報を表示するだけ。

絵や写真などカラーにメリットがある表示物は、ほとんどありません。

 

★お手入れが必要なパーツ

クックフォーミーのお手入れパーツ。蒸気口キャップ・内フタ・つゆ受け・消音バルブ。

手入れの大変さに、大きな差はないでしょう。

どちらもパーツは4種類、蒸気口キャップ・内フタ・つゆ受けの3つは機能的に共通だからです。

あとはクックフォーミーなら消音バルブ、ホットクックならまぜ棒を洗う必要があります。

 

★価格について

価格.comでは、ホットクックのほうが1万円以上高いです。家電量販店でも同じ傾向です。

【2】調理面での比較

クックフォーミー、ホットクックともに、「入れて、ボタンをおして、あとは機械にお任せの『ほったらかし調理』」がメリットです。

とはいえ、できることは違います。

 

★圧力調理について

圧力調理を望むなら、クックフォーミー一択です。2~3時間かかる角煮を30分程度で仕上げるなど、「料理時間を劇的に短くする」のが、クックフォーミーの真価です。

↓クックフォーミーの圧力調理を使ったメニューは下記。時短でできて、万々歳です。

クックフォーミーエクスプレス。中毒レシピランキング【全人類に食わせたい】

2018.03.21

 

★無水調理について

水なしで原料のうま味をいかして作る「無水調理」を望むなら、ホットクックがオススメです。

ホットクックは野菜を水なしで茹でることができますが、クックフォーミーはできません。

カレーも無水調理が可能で、ホットクックの大きなウリとなっています。

鍋で茹でるより、栄養がのこりやすいのが利点です。

管理人azusa
クックフォーミーでも、無水カレーは作ることができました!

ただし水分の多いトマト缶で作るなど、圧力調理ができる環境はととのえる必要があります。

くわしくは下記より。

クックフォーミー、カレーレシピランキング。カレー沼に沈めェェェ!

2018.05.05

 

★予約調理について

クックフォーミーは、ご飯をとくときだけは予約調理可能。それ以外はNGです。ご注意を…!

「できあがりの時間を指定して、その時間に完成する」予約調理。

クックフォーミーは予約調理はできません。

ただし唯一「白米・玄米」のみは可能で、炊飯器として使用できます。

 

ホットクックは、最大15時間の予約調理が可能です。

食品が腐敗しやすい温度帯を避けて加熱調理をするので、腐る心配がありません。

予約調理をしたいなら、ホットクック一択です。

 

★自動でまぜる機能について

クックフォーミーは、まぜる機能はありません

角煮などは混ぜなくても十分おいしいです。

ただしカレーでは、圧力調理終了後、仕上げにルーを入れて、自分で混ぜて完成させる必要があります。

圧力調理前にルーなど粘性の高い物を入れるのは、厳禁です。圧力うまくかからず、破損します。

 

ホットクックは自動でまぜる機能があります。

カレーなら、ボタンを押す前に他の材料といっしょにルーまで入れておけば、ホットクックが自動でまぜて完成させてくれます。

自分でませる必要はありません。

2018年新型のホットクック KN-HW16Dならこうなる!

画像引用:シャープ株式会社 プレスリリース

新しいホットクックは、自分で好みのまぜかたを選べる「好みの設定加熱」機能が追加。

「まぜない」「たまにまぜる」「よくまぜる」「高速でまぜる」の4種類から選んで調理をできます。

さらに、火加減の調整も「強火~弱火」で選べるようになっています。より普通の鍋に近い自動調理鍋に進化しています。

ドライカレーみたいに、味の偏りがないよう、きれいにまぜてつくりたい料理に向きですね!

 

★内蔵レシピのダウンロード、スマホとの連携について

この機能を使いたいなら、ホットクック一択です。

新しいメニューをダウンロードして新メニューに挑戦したり、外出先からスマホで予約調理の時間を変更することも可能です。

 

★煮詰め機能について

煮汁をに飛ばす機能は地味に便利

ふたを開けたまま調理して、煮汁を煮とばす「煮詰め機能」。

ドライカレーなんかに便利です。

クックフォーミーは、機能としてはついていませんが、マニュアル調理(通常過熱)で、「炒める」の機能で、ふたをあけての調理が可能です。

一方、2018年新型のホットクックKN-HW16Dなら、専門の「煮詰め機能」がついています。

ふたをあけたままに詰めることできるようになりました。

 

【3】クックフォーミー、ホットクック。結局うちにはどっちが向いてる?

迷う方の参考になるように、チェックリストを作りました!

あてはまるものをチェックして、多い方を選ぶとよいかと思います。

クックフォーミー

□育ちざかりの子供など、たくさん食べる家族がいる
□がっつり肉料理を作りたい
□あまり作ったことがない、おしゃれな料理・パーティー料理をつくりたい
□大量のご飯を炊きたい
□圧力調理をしたい
□帰宅後、短時間で、すぐにご飯を作りたい
□炊飯器として使いたい
□カレーなど粘性が高い物で、仕上げにまぜるのは許容。自分でやればいい

 ホットクック

□家族にたくさん食べる人はいない
□定番の和食や、ヘルシーな料理をつくりたい
□甘酒や手作りみそなども、自宅で作ってみたい
□無水調理をしたい
□作った料理を冷蔵庫で保存することが多い
□予約調理をしたい。料理自体に時間はかかってもいい
□カレーなど粘性が高いものも、完全に完成までやってもらいたい
□ウェブにつないでレシピをダウンロードして、便利に使いたい

 

まとめ

クックフォーミーと、ホットクック。

どちらも「ほったらかし家電」として、機械に調理を任せて時間を生み出せます。

ただし、そのアプローチ方法は全然違います。

 

ホットクックは、長時間かけるのがトクイな機械です。

朝に準備して予約をしておけば、帰宅時に料理が完成!しています。

人間が使わない時間を、ホットクックが使ってくれることで、時間を生み出してくれるんですね

いうならば「デッド時間の効率的活用」です。

事前準備がカギとなる調理家電。

Amazonの口コミでも、「出かける前に材料をいれておけば自動で完成するのがいい」「帰宅時にご飯ができているのがいい」といった感想が目立ちます。

 

一方、クックフォーミーは超強力な圧力鍋です。

普通の鍋で30分~1時間程度かかるものを、効率化して10分程度に縮めてくれる。

「時短による時間の効率的活用」です。

 

夕食まで30分、その30分の中で、ぱぱっと時短で作るのに適しています。

「おなかすいた~何つくろう? サクっと煮込み料理を作ろう!」という選択肢が出てくるの、想像以上にデカいです。

クックフォーミーのAmazonの口コミでも、「びっくりするくらいはやい!」「時短になる」といった感想が並びます。利用者の私も、まったく同感です。

 

 

最強なのはどちらも買ってしまうことですが、いかんせん両方ともお高い…><

ただ、どちらも機械におまかせして、料理を作る人の自由時間を生み出せます。

今まで「時間がない~」「煮込むの面倒臭い…」と思って作れなかったメニューをササッと作って、食べさせてあげられます。

たくさんある自動メニューで、今まで食べたことない料理をカンタンに食卓に出して、「おいしい」と言ってもらえます!

ホットクックもクックフォーミーも、ただの調理家電でなく「心のヨユウ」を買える機械。

そう思って投資するのは、かなりアリだと思いました…!

 

管理人azusa
余談ですが、家族全員がカゼひいたときのご飯づくりにも、超ありがたいヤツなんですよ…。

お粥の材料を鍋に全部ぶちこんで、あとは完全放置して、開けたらお粥ができている…なんてウルトラCが可能です。

 

私は調理中、機械にお任せして本気で寝ています。

カゼでつらい中、ゲホゲホいいながら火加減を見るためにキッチンに立つって、本当に体もメンタルも削られる行為です。

寝ておきたら、あったかい粥がスグ食べれるのは、本当にありがたい…。

なんていうかもう、エア実家…?

 

心のヨユーだけじゃなく、体のヨユーも手に入ります、自動調理鍋。

「カゼでも料理しないとアカン…ていう方には、地味に全力でオススメです。

そしてくれぐれも体調悪いときは、無理されないでくださいね…。

 

忙しい中、家事はもちろん、こういった家電の情報収集まで大変かと思います。

どちらかじっくり比較されて、「コレだ!」と決断されたものを、ぜひ見つけてくださいね!

私の口コミが、その一助になれましたら、嬉しいです。

 

毎日の料理づくり、いつも本当におつかれさまです!
画面の向こうから、エールをお送りします^^

 


ヘルシオ ホットクック を詳しく見る

 


クックフォーミーを詳しく見る

 

 

管理人azusa

「クックフォーミー、ホットクック以外にも、もっと安い電気圧力鍋ってないの?」と思われた方、あります!

1万円以下から、超お値打ち&コスパがいい電気圧力鍋を見つけたい方は下記をぜひ。

【2018】1万円以下も!電気圧力鍋、値段別に15種類を徹底比較

2018.07.20

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください