クックフォーミーでクレームブリュレを作ったら、某名店の味になった件

圧力調理+蒸す+炒める+煮込みができる、電気圧力鍋クックフォーミーエクスプレス(以下クックフォーミー)

こちら、デザートも作れちゃいます。

というわけで、大人も子供も大好き・クレームブリュレをつくってみました。

 

プリン系ってうまく蒸さないと「す(気泡)」が入って難しいんですが…

クックフォーミーのサイトをみてみると、なんと「レベル:簡単」との表示。

実際、めちゃくちゃカンタンに、某Pステルの「なめらかプリン」ばりのプリンができてビックリ!

 

あずもと

来客時に自信をもって出せる味だったので、さっそくレポします!

 

\来客にほめられるデザート作りに/

シンプルだけど難しい…クレームブリュレに挑戦だ!

 

クックフォーミーエクスプレスは、150種類のレシピが内臓されており、そのうち16種類がデザートです。

蒸しパン、クレームブリュレ、ガトーショコラ、りんごの丸ごとコンポートなどが作れます。

 

今回は「クレームブリュレ」、ゼラチンを使わない、なめらか系のプリンを作ってみます。

用意するものは、卵黄、砂糖、生クリーム、牛乳の4点!

 

あずもと

バニラビーンズはあれば匂いがいいけど、ベターでOK。

 

参考 クレーム・ブリュレ(クックフォーミー) | オリジナルレシピ | CLUB T-falCLUB T-fal

 

 

用意するものは非常にシンプルなのですが…

シンプルだからこそ難しくって、過去なかなかうまくできずにいたものでした。

 

というのもこういった卵のタンパク質で固める系のデザートって、たまごの熱のかけ具合をちょこっと失敗するだけで、「す(気泡)」が入って、マズくなってしまうんです。

 

理由は卵の凝固点の低さにあります。

プリン液を蒸すと、まずは凝固点の低い(60~70℃程度)卵黄が固まります。

そのあとに水が沸騰すると、プリン液の中で水が水蒸気になろうして気泡ができる。

 

気泡が大きな穴となった結果、見た目イマイチ、ボソボソとした食感のプリンとなってしまうんです…。

あずもと

ボソボソのプリンって、おいしくない…

 

対処はもう、蒸すときの温度管理しかない。

「ゆっくり弱火で蒸す」のが鉄則です。

わかっちゃいるけど、これがホントに難しい。

 

つきっきりで温度・分数の管理しても、どうしてもいくつかは「す」が入ってしまうんです。

1回レンジでつくったらとんでもなく大量の「す」が入ったこともあり、「お菓子づくりって大変だなあ~」と頭を抱えておりました。

 

あずもと

作っても作って、うまくいかなかったんです…。

クックフォーミーで作るクレームブリュレは、カンタン!

 

そんな「なめらか食感は難しい」という認識があったクレームブリュレ、クックフォーミーで、いざ作ります。

 
クレームブリュレの作り方
  1. 砂糖と卵黄を泡だて器(手動のやつ)で白くなるまで混ぜる
  2. 砂糖を溶かした牛乳を少しずつ入れていきさらに混ぜて、ザルでこす
  3. できたプリン液をココットに入れて、ホイルでフタして覆って、クックフォーミーエクスプレスの蒸しカゴに入れる
10分でできたよ!

 

 

今回は、7cmくらいのココットにいれます。

あとはクックフォーミーで「クレームブリュレ」を選んでスタートのボタンをおして、放置。

クックフォーミーがよきように圧力調理してくれます。しかも圧力、たった2分。

 

圧力調理終了後は開けずに15分放置(15分は画面に出るので安心!)。

あとは開けてプリンをさませば、完成です。

 

あずもと

つきっきりの温度管理分数管理が一切いらない!ラ…ラクだ!

 

ラクに作ったクレームブリュレは「某パSテル」のプリンの味だった!

で、「クックフォーミーで大丈夫なのか…」と超ラクしてつくった、クレームブリュレ。

まず、固まったプリン液を見ると、なんと「す」が全然はいってない!! 

この時点でまずびっくりしました。

 

あずもと

圧力のかけ方がうまく調整されているのでしょうか。フシギです。

 

で、完成したプリンを2時間ほど冷蔵庫で冷やしたのち、実食。

 

あずもと

中も「す」が全然はいってない…! 超おいしい!
これが家でできるってすごいな~

旦那(ドケチ)

 

本当にラクに、某Pステルの「なめらかプリン」が再現できました。

お菓子づくりの鉄則である「レシピの分量を守る」を頭に入れて、計量と混ぜるプロセスだけきちんとやっておけば…

蒸し器の用意や、面倒な蒸し温度・分数管理はクックフォーミーが勝手によきようにやってくれます。

 

これだけラクにお菓子作りが大成功するなんて、感動でした。

 

あずもと

見た目デカい炊飯器とかいってごめん。

 

まとめ

以上、クックフォーミーで作る、クレームブリュレでした。

自分自身の実働時間15分、なのに味は名店とかわらないレベルです。

 

あずもと

超お手軽なのに、お客さまにも自信をもって出せる味…!

 

人をよぶときに「これなら絶対失敗しない!絶対にウケる!」と太鼓判をおせるレシピになりました。

 

クックフォーミーをゲットしたら、ぜひ来客時に出してみてくださいね。

え、これ手作り!?
どれだけ料理上手!?

 

と、「盛れる」ことウケアイです(笑)。

\名店の味を15分で再現/

 

\ウマくて悶絶、中毒料理多数/

クックフォーミーエクスプレス。中毒レシピランキング【全人類に食わせたい】

 

\購入前の不安に/

【クックフォーミー口コミ】100回使い倒し判明!メリットデメリットまとめ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください