【クックフォーミーエクスプレス口コミ】クレームブリュレを作ってみた

圧力調理+蒸す+炒める+煮込みができる、電気圧力鍋クックフォーミーエクスプレス。こちらデザートレシピもOKです。というわけで、大人も子供も大好き・クレームブリュレをつくってみました。

プリン系ってうまく蒸さないと「す(気泡)」が入って難しいんですが…クックフォーミーエクスプレスで、めちゃくちゃカンタンにパステルの「なめらかプリン」ばりのプリンができてしまいました」。

来客時に自信をもって出せる味だったのでさっそくレポします!

クックフォーミーエクスプレスはデザートレシピもOK

クックフォーミーエクスプレスは、ティファールから出ている電気圧力鍋。圧力調理+蒸す+炒める+煮込みが1台で、時短でできちゃいます。150種類のレシピが内臓されており、そのうち16種類がデザート。蒸しパン、クレームブリュレ、ガトーショコラ、りんごの丸ごとコンポートなどが作れます。

今回はデザート1発目で、まずは迷わず「クレームブリュレ」を選択しました。要するにゼラチンを使わない、なめらか系のプリンです。用意するものは、卵黄、砂糖、生クリーム、牛乳、たったそれだけ。

用意するものは非常にシンプルなのですが…シンプルだからこそ難しくって、過去なかなかうまくできずにいたものでした。

というのもこういった卵のタンパク質で固める系のデザートって、たまごの熱のかけ具合をちょこっと失敗するだけで、「す(気泡)」が入って、マズくなってしまうんです。

理由は卵の凝固点の低さにあります。プリン液を蒸すと、まずは凝固点の低い(60~70℃程度)卵黄が固まります。そのあとに水が沸騰すると、プリン液の中で水が水蒸気になろうして気泡ができる。

気泡が大きな穴となった結果、見た目イマイチ、ボソボソとした食感のプリンとなってしまうんです…。悲しい。

じゃあそれにどう対処するかというと、これはもう蒸すときの温度管理しかない。「ゆっくり弱火で蒸す」のが鉄則です。

わかっちゃいるけど、これがホントに難しい。つきっきりで温度・分数の管理しても、どうしてもいくつかは「す」が入ってしまうんです。

1回レンジでつくったらとんでもなく大量の「す」が入ったこともあり、「お菓子づくりって大変だなあ~」と頭を抱えておりました。

クックフォーミーエクスプレス 違いがすごい!「す」が入らない

そんな「なめらか食感は難しい」という認識があったクレームブリュレ。ですがクックフォーミーのサイトをみてみると、なんと「レベル:簡単」との表示が! というわけで迷わず挑戦。

砂糖と卵黄を泡だて器(手動のやつ)で白くなるまで混ぜて、砂糖を溶かした牛乳を少しずつ入れていきさらに混ぜて、ザルでこす。できたプリン液をココットに入れて、ホイルでフタして覆って、クックフォーミーエクスプレスの蒸しカゴに入れる。7cmくらいのココットで蒸しカゴに4コ入りました。

あとはクックフォーミーで「クレームブリュレ」を選んでスタートのボタンをおして放置!クックフォーミーがよきように圧力調理してくれます。しかもたった2分。

圧力調理終了後は開けずに15分放置(15分は画面に出るので安心!)。あとは開けてプリンをさませば完成です。つきっきりの温度管理分数管理とか一切いらないです。

で、「こんな圧力鍋で大丈夫なのか…と」固まったプリン液を見ると、なんと「す」が全然はいってない!! この時点でまずびっくりしました。

圧力のかけ方がうまく調整されているのでしょうか。フシギです。

クックフォーミーエクスプレスで パステルの「なめらかプリン」再現

で、完成したプリンを2時間ほど冷蔵庫で冷やしたのち、実食。中も「す」が全然はいってない…! 旦那さんに食べてもらったら「これが家でできるってすごい」と珍しくお褒めの言葉をいただきました。あまり人を褒めない人なのでまたびっくり。

お菓子づくりの鉄則である「レシピを守る」を頭に入れて、計量と混ぜるプロセスだけやっておけば、蒸し器の用意や、面倒な蒸し温度・分数管理はクックフォーミーが勝手によきようにやってくれます。

それでもってパステルの「なめらかプリン」が再現できる。クックフォーミーエクスプレス、あんたすごいよ…!見た目デカい炊飯器とかいってごめん。

 

↓クレームブリュレのほかにも、ウマくて悶絶、中毒料理多数。来客時にあわせてぜひ。

クックフォーミーエクスプレス。中毒レシピランキング【全人類に食わせたい】

2018.03.21

 

まとめ

こちらのクックフォーミーエクスプレスのクレームブリュレ、自分自身の実働時間15分なのに味はお店とかわらないレベルです。超お手軽なのに、お客さまにも自信をもって出せる味! 人をよぶときに「これなら絶対失敗しない!絶対にウケる!」と太鼓判をおせるレシピになりました。

あえてデメリットをいうなら・・・蒸しカゴにもっと入れ物がはいるといいなあ。7cmくらいの大きさの入れ物だど、だいたい3~4コずづつの蒸しになります。おいしいから、たくさんお客さんがくるからと大量制作したいときには複数回にわけて蒸す必要があります。ま、時間がかかるってだけで、クックフォーミーにすべての作業を丸投げするだけなんですけどね(笑)。

クックフォーミーエクスプレス様、超ズボラな私にもおいしいデザートをありがとう~~~~~!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください