【クックフォーミーエクスプレス口コミ】筑前煮を20分でつくってみた(2018/3/24追記)

正月の定番料理、筑前煮。でもごぼうやにんじんの根菜は煮えるのが遅く、下手すると30分以上煮込み時間が必要です。正直なとこ、朝食につくるのはちょっと荷が重い…。

「ならば電気圧力鍋、クックフォーミーエクスプレスの出番でしょ!」とばかり、朝食でガチンコで作ることにしました。そのスピード感、さっそく口コミレポートします。

お正月の定番レシピ・筑前煮 クックフォーミーエクプレスのスピードは?

正月の定番料理といえば、筑前煮。根菜を一緒に煮て、家族一緒に仲良く結ばれる、という意味があるようで、おめででたい料理とされます。お重なんかにもよく入っていますね。

ただ1コ、悩みがある。作るのに時間がかかるんです。なぜならごぼうやにんじんの根菜は煮えるのが遅くて、下手すると30分以上必要。朝食にはなんかハードル高い時間なんですよね…。実家でも、正月の朝食に出るときは作りおきだった記憶があります。

でもクックフォーミーエクスプレスのレシピを見ていて気付いた。なんと筑前煮、準備時間含め、15分とあるではないですか! 「ならばクックフォーミーエクスプレス、あんたの出番でしょ!」と冷蔵庫の根菜のありものをひっくり返して、急きょお正月の朝食に作ることにしました。

というわけで材料は鶏肉、ごぼう、にんじん、こんにゃく、じゃがいも、ねぎ。残念ながられんこんと筍は冷蔵庫に在庫なし。しいたけは旦那さんが好きじゃないのでいれずにgo。筑前煮で、家族仲良く結ばれるのが大事ってことで(笑)。

ちなみに分量は適当です。煮込み系の料理なら、普通の鍋と同様、具の大きさをそろえておけば、味付けや具の内容などを適当にアレンジしても全然イケます、クックフォーミーエクスプレス。すごいね!

ただしご飯系・お菓子系は計量命なので、クックフォーミーエクスプレスのレシピ通りつくることをおすすめします。

5分の圧力で根菜もしっかり味がしみて時短

クックフォーミーエクスプレスの筑前煮は、「炒める」工程ののちに、圧力での煮込みが入ります。

機械の中で具を炒めるため、だいたい余熱が5分くらいかかるので、その間に具をざくざく切り、調味料やだしを用意。で、余熱が終了したら油をしいて、具を全部いれて3分ほど炒めて、調味料とだしをイン。

あとやることは、ボタンをポチるだけ。ボタン一つおしたらほったらかし! 

5分の圧力後、圧力がぬけたら、完成です。

試食をしたら、2cm大の具はすべてにきっちり火が通り、味がしみこんでいました。準備から完成まで、だいたい20分。15分とはいきませんでしたが、それでもやっぱりはやい~!

 

クックフォーミーエクスプレス 評判通り価値は「時短」にアリ

クックフォーミーエクスプレスを買うときに、平行して検討される家電のひとつとして、ヘルシオホットクックがあると思います。どちらも「ほったらかし家電」の一つとして、機械に調理を任せることで時間を生み出せるメリットがありますが、そのアプローチ方法は全然違うと思います。

我が家も並行で検討を行いました。

ヘルシオホットクックは無水調理鍋で、基本的に長時間かけるのがトクイかつ前提の機械です。シャープのサイトのレシピを見ても蒸しものは20分程度、煮込みは30分以上~数時間が多い。ただし具がくさらないような温度設定を自動でしてくれるので、夜に予約をしておけば朝に料理を完成させることが可能です。

人間が使わない時間をうまくヘルシオホットクックが使ってくれることで、時間を生み出してくれるんですね。いうならば「デッド時間の効率的活用」です。事前準備がカギとなる調理家電。

一方、クックフォーミーエクスプレスは超強力な圧力鍋です。普通の鍋で30分~1時間程度かかるものを、効率化して10分程度に縮めてくれる。内蔵レシピも加圧15分以内のものが136種類と超豊富。

いわば「時短による時間の効率的活用」です。ただし予約調理は圧力のみで、夜に予約をして朝にできてる、というのはできません(具が腐る…)。

クックフォーミーエクスプレスは忙しい中、朝食や夕ご飯をぱぱっと時短で作るのに適している調理家電です。「おなかすいた~何つくろう? そうだサクっと煮込み料理を作ろう!」という選択肢が出てくるのはデカいです。

↓2018年3月24日追記 ヘルシオ ホットクックとクックフォーミーの、詳しい違いをまとめました!購入の参考にぜひ~!

2018最新機種情報も!クックフォーミーvsホットクック 完全比較

2018.03.24

 

↓ほかにもクックフォーミー、超ウマい中毒系な料理、たくさんあります。とくに下記の5つは来客時に自信をもって出せる、家庭料理の域を超えた味です!

クックフォーミーエクスプレス。中毒レシピランキング【全人類に食わせたい】

2018.03.21

 

まとめ

クックフォーミーエクスプレスで筑前煮を作ってみて、前評判通りクックフォーミーエクスプレスの「時短」の価値は大きいな、と思いました。

思い立ったらスグ作れて、スグできて、スグ食べれる。煮込み料理を、すぐ食べれる料理のひとつとして選択肢にあげられる。電気圧力鍋、なかなか楽しいです。

「ほったらかし調理家電」といわれるクックフォーミーエクスプレス、ヘルシオホットクック、どちらも一長一短あるかと思います。でもいつか、ヘルシオホットクックも欲しいなあ…と思う自分。無水調理でのカレーは超おいしいらしいです。

クックフォーミーエクスプレスにはない無水調理の価値、あああ試してみたい!! まずはお金も置く場所も必要ですが…(笑)。

がんばってお金ためよう2018年。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください