クックフォーミーエクスプレス口コミ 塊肉がジューシー!ビーフカレー

牛肉の塊肉、肉塊――嗚呼なんてステキな響きなんでしょう!

でも、塊肉がごろんとしたビーフカレーって煮込んで肉が固くなると、ちょいと食べづらい。「クックフォーミーエクスプレス、この塊肉をなんとかしてくれ~!」と思って内蔵レシピのビーフカレー(加えてビーフシチューも)作ってみたので、ブログで口コミレポします。

電気圧力鍋クックフォーミーエクスプレス。今回もよろしく!

 クックフォーミーエクスプレスで 塊肉ごろんなビーフカレーに挑戦!

「ビーフ」ってつく料理って、個人的になんかロマンや特別感があります。牛肉ってそもそもよいお値段するし、塊でドン!と出ると華やかだし、ハレの日にいただくものってカンジ。ただし、うまく加熱しないと固くなりがちなのが玉にキズ。というわけで牛肉を日常的に買うことはほぼなかった我が家。カレーもだいたい豚肉カレーでした。安くておいしいよね豚肉カレー。

ですが! クックフォーミーエクスプレスの内蔵レシピをみると、ビーフシチュー、ビーフカレー、ビーフストロガノフ、牛肉のブルゴーニュ煮、牛肉のビール煮込み、牛丼…牛肉、肉塊のオンパレードではないですか。

「クックフォーミーはどうやら牛肉に強いらしい」。付属のレシピ集(クイックスタートガイド)からそう勝手に読み取って、いそいそと大きめの牛肉の肉塊をかいこんで、ビーフカレーに挑戦してみたのでした。

ちなみに、カレー用牛肉のお値段980円。ていうか牛肉って高いね! これでおいしくなかったら泣けるね!

クックフォーミーエクスプレス ビーフカレーレシピは時短&牛肉ジューシー!

 

正直にいいます。クックフォーミーエクスプレスは煮込み料理、けっこテキトーでもなんとかなります。付属のレシピ集(クイックスタートガイド)の表示通りの量じゃなくても、他のレシピ集のものでも、我が家流アレンジも、おおらかに受け止めて上手に仕上げてくれます。マジで神。

※注意
ただし、安全な使い方をした範囲での話です。カレーやシチューなど粘性が高いものは、材料+水分が鍋の深さ2分の1まで、ルーは必ず圧力調理後にいれる、とか。そのへんの注意点は付属のレシピ集にあるので安心★ 

 

というわけで、今回はクックフォーミーエクスプレスの付属のレシピ集(クイックスタートガイド)をガン無視で、我が家お気に入りのカレールーの表示を見て作りました。しかもじゃがいもは入れずに、にんじんを超増量。大量在庫を処理しつつ、緑黄色野菜で栄養をとる作戦です。

肉もにんじんも、ごろんごろん

余熱が完了したら具を入れて、炒めて、15分の圧力調理開始! 準備~完成まで30分でビーフカレーが完成しました。いざ食べると、牛肉の塊肉はジューシーにやわらかく、玉ねぎがトロットロに仕上がっておりました牛肉のだしもしっかりでいて本格派な味。下ごしらえ一切なし、時短で作ったとは思えません。「塊肉のビーフカレーっていいなあ」とごろんとした肉塊をかみしめながら、しみじみ思うのでした。

…あとは牛肉、どっかで安くうってくれればもっとサイコーなんですけどね。家の近くのスーパーはライバル店舗がなくて、しかも大きくない店舗なので、牛肉高いんですよ。あー切ない。

にんじんが甘~い! にんじん&玉ねぎなど根菜消費量が激増

さらに、クックフォーミーエクスプレスを使い続けてみて気付いたのは、とにかく根菜類に強い!ということでした。圧力ですぐに火が通るのはもちろん、煮込みも蒸し料理も、なぜだか根菜類が甘~く仕上がるのです。

クックフォーミーエクスプレスで作ると、多少薄味にしあがっても、素材の甘さで追加の調味料を入れなくても満足できちゃうんです。しかも翌日、さらに味がしみしみになった煮込み料理系は…たまりません。翌日に食べたいがために、我が家は2人暮らしなのですが、4人分以上のまとめづくりをしてしまうレベルです。

今回カレーに入れたにんじんも、臭みがなく甘々でふっくらやわらか! ちなみにカレーとほぼ同じ要領で、ビーフシチューも作れます。これもやっぱり肉塊ジューシーでにんじんが甘~い。

まとめ

クックフォーミーエクスプレスを使い始めてから、地味~に冷蔵庫の中身革命がおこりました。根菜のおいしさを実感、そして調理時間の時短に感銘をうけて、大根、にんじん、ごぼう、玉ねぎの購入&消費量が明らかに激増。玉ねぎとか1キロ買っても1週間で消費するレベルで使ってます。さらに根菜って冷蔵庫での保管期間が長くても大丈夫なので、ありがたい限りです。

もう、野菜うんま~い!自炊でガツガツ食べまくり。好きなレシピを、食べたいとき、短い時間で、人間の手間暇かけずにおいしく食べれるって、ホント便利な時代になったもんです。文明の利器バンザイ。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください