家事デジタル化に踏み切ったワケ①―「もう疲れない」共働きの家事時短 

我が家は、夫妻フルタイムの共働きです。

子供ができたのをきっかけに、家電の導入で家事のデジタル化に踏み切りました。

理由を一言でいうと「共働きで、共疲れで、共倒れ」にならないためです。

最近の家電は本当に有能!家事のデジタル化の背景と、メリット・今後の課題について語っていきます。

「共働き つわりで家事が できません」

家事を根底から考え直したつわり期の戦友 アクエリアスの味はつわりの味

家事のデジタル化を考えだしたのは、妊娠がきっかけでした。

妊娠判明後、すぐにつわりが開始。

いわゆる「食べづわり」で、絶え間なく吐き気が続きました。

 

食事は冷たいおにぎりとトマトやじゃがいも系、水分はアクエリアスと栄養ドリンクしか受け付けない。

なのにお腹がすくと吐くので、何も食べたくないのに食べないといけない。

夜中に泣きながら、ひとり冷たい玄米のおにぎりをかじったのは忘れられません。

 

それでも仕事は放りだせないので、ヨロヨロと会社にでかける毎日です。

体力も頭も通常時の5割くらいしか働かない。

妊娠前は23時帰宅も余裕でこなすモーレツ社員だったのが、定時帰宅せざるを得なくなりました。

 

家事なんて、もちろん無理です。

帰宅後にソファに倒れこむかトイレにGOするだけの私を気遣い、夫はほぼすべての家事を担ってくれました。

さらに、つわりで毎日コロコロ変わる食べ物の好みの変化にあわせて、食糧を調達してくれました。

毎日アクエリアス2リットルを担いで帰ってくる夫。

涙が出るほど頼りになり、ありがたかった。

 

 

でも、それとは別に気になってくるんです。

「部屋にほこりが多い…」

「物が多くごちゃごちゃしてるなあ…」

「冷蔵庫の中身がカオスだ…」。

家にいる時間が長くなり、はじめて「家の居心地」について考えるようになったんです。

 

でも、夫には十分に家事を担ってもらっている、これ以上頼むのは負担ではないか?

私は元気になれば家事はできるし、子供のために家事はしっかりしたいけど、育児というタスクが夫婦にのってきたら可能なのか? 

さらに産休・育児休暇が明けたらどうなるのか? 

仕事のキャリアを追いつつ、家事育児をまわせるのだろうか? 夫と子供と笑ってすごせるのだろうか…?

 

居心地のいい家にしたいと思えば思うほど、どうして苦しく、不安になるんだろう…?

―「共働き、家事で共疲れ、共倒れ」。

そんな現実が迫っていることに、つわりを通して初めて気が付きました。

 

共働き+家事しない+時短=家事のデジタル化

 

つわり終了後、部長が講師の仕事効率化の社内研修を受けました。

「仕事の効率化には、『しない』が一番。かわりにデジタルを駆使しろ」。

アウトルックのメール分類、タスクフラグ、フォルダ構造、情報共有の仕組み構築…とにかくできる限りのタスクをデジタル化していることを、部長は惜しげもなく明かしてくれました。

 

研修の根底には「時間かける=いい仕事じゃない。時間をかけても、優先度低いところで余分な仕事ばかりしてたら、必ずしもクオリティ高い、結果につながる仕事にはならない」

「優先度が低い仕事は自分にも人にもさせない。デジタル化でみんなの残業時間を削減して、働き方をかえよう」という強いメッセージがありました。

 

家事も同じだな、と思いました。

家事は際限なく追求ができます。

でも、それで自分の余裕がなくなるのは、正直つらい。

家庭から笑顔が減ってしまうのは、悲しい。

「家事は根性でやる」「家事の時間をかけることが、子供への愛情につながる」…それってどうなのだろう…? 

 

ただでさえ時間がない共働きです。

考えた末、「わたしは、家事の時間を削ってでも、夫婦と子供がいっしょに笑える時間がほしい」という結論に達しました。

 

でも家族が笑顔でいるには、家の居心地も絶対に大切です。

「ならば一時的にお金を支払ってでも、家電に頼ろう。夫にも私にも極力負担が0に近く、かつ居心地いい家になる家事の仕組みを、産休中に構築しよう」

そう決めました。

夫婦ともに「家事しない」「居心地のいい家庭」をめざして

料理は大事 でも工程が多くて負担もおおきいのが悩み

まずは会社のワーママに、家事の時短テクニックと、オススメのデジタル家電を相談して情報収集しました。

結果「家事は、料理や食事がらみ負担が総じて大きい」との結論をゲット。

理由は買い物→メニュー決定→調理→片付け→子供の食べこぼしの掃除…までが1セットになっていること。

たしかに負担デカいです…。

 

 ちなみに、2017年のパナソニックの調査でも、家事についての負担のトップは「夕食作り」だそうです。参考資料はこちら

となると、まず利用すべきは、調理家電か。

うちは煮込みが多い(というか私が好き)けど、ここに時間がかかってるから、まずは電気圧力鍋での時短が効果が大きそう。

電気圧力鍋は象印やティファールから出てるらしいけど、大容量のほうがいいなあ…となるとティファールのクックフォーミーエクスプレスが最適かも!うん、的は絞った!

 

夫に上記の現状を説明してソッコーOK!…となればよかったのですが、じつはすぐOKをもらえたわけではありませんでした。

当初、夫は「家電を買うことで、子育て中の生活が、どうかわるのか」がよくわからないようでした。

夫はワーママが極端に少ない会社なので、当たり前っちゃ当たり前。

 

なので、自分の会社のワーママの実例、カカクコムなどの口コミをもとに説得しました。

「クックフォーミーエクプレスやヘルシオのオーブンレンジは、料理が時短でできるので、子供にかけられる時間が増える。ついでに超ウマいらしい」

「ルンバを買えば、夫担当の家事である掃除がへる。子供は食べこぼしが多いし掃除大事」

などと具体的メリットを何度も伝えて(そして懇願し)、なんとかOKをいただきました。

こんなときロジカルに、一発で説明しきれない、口下手な自分が悲しい。

 

というわけで、クックフォーミーエクスプレス(電気圧力鍋)、ヘルシオ(自動調理が可能なウォーターオーブン)、ルンバ(自動掃除機)などが我が家にやってきたのでした。

10年前の結婚当初にやった、数十万レベルでの出費です。

 

「出費は痛いけど、これで家庭の笑顔が増えるなら、それは投資だ」

そう思い、家電を徹底的に使いたおして「家事しない」「時短」「居心地のいい家庭」をめざすことにしたのでした。

メリットは使い始めてすぐ感じることができました。下記の「家事デジタル化に踏み切ったワケ②」に続きます。

家事デジタル化に踏み切ったワケ②―「共働きでも心の余裕」感じた3つのメリット

2018.01.05

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください