クックフォーミーエクスプレス口コミ 50回使用してわかったデメリット&購入の際気を付ける点は?

クックフォーミーエクスプレスを購入して、はや3か月。気付けば50回ほどクックフォーミーエクスプレスを使っていることに気づきました(写真で管理していて、数えてみて初めて気づいた…)。

その間に子供もうまれ、生活も激変しつつも、何気に50回使っている自分。そんな中で見えてきた、クックフォーミーエクスプレスのデメリットを紹介します。購入のご参考までに。

クックフォーミーエクスプレスについては、くわしくはこちら
ティファールから出ている電気圧力鍋です。圧力調理+蒸す+炒める+煮込みが1台で、時短でできるのがウリ!

デメリット1位:大きい!デカい! 置く場所を慎重に考える必要あり

10合の米が炊けるくらいの大容量の、クックフォーミーエクスプレス。当然デカイです。横38cm×縦35cm×高さ32.5cm、重量は6.5kg。置き場所の条件はしっかり考えないと、買ったあとで非常に困ります。

さらに、クックフォーミーは設置したら、移動はほぼできないと思ったほうがいいです。
そもそもの重量が6.5キロあるので、料理を入れて食卓に持っていく…なんて芸当はかなりの筋力がないと厳しいです。やろうと思いましたがムリでした(笑)。

実際、使用してみて、置き場所の条件は3つあります。

クックフォーミー 置き場所の条件

① 縦・横ともに約45cmのスペース
クックフォーミー自体の幅に加えて、なんだかんだ炒めたり煮込んだりするのに、調理の際の手の動きに余裕があるスペースが必要です。

② 安定した棚の上に設置。クックフォーミーの上には何もおかない
クックフォーミーじたいの重さが6.5kg、そこに料理の重さがのってくるので、安定した棚の上がマストです。キッチンラックによくある、炊飯器やポットを置いてひきだせる「スライドテーブル」は使えないと思った方がよいです。たいてい耐荷重量が足りません。破損する可能性があります。あと、クックフォーミーの上には何もおけない、と考えるのもマストです。蒸気が吹き上がるのに加えて、フタを全開にすれば高さ55cm程度までいくためです。

③ 1.5mのコンセントが届く位置
1.5mって意外と短いです。コンセントの口に極力近く、かつ広めのスペースを確保しておく必要があります。

デメリット2位:米以外の予約調理ができない

内蔵レシピや圧力鍋での使用の際、予約調理はできません。朝にセットして、夜帰ってきたら料理ができている…というのはムリです。材料が腐るのでできない、とするのはわかるのですが、予約調理ができれば、ホント最強なんだけどなあ。残念です。

ただし、白米・玄米は予約調理可能です。たける時間を設定して、炊飯器代わりに使えます。蒸気の写真のような玄米の炊き込みご飯だって、「玄米モード」にする&くさるような物いれなければ、予約調理で炊けます。

↓おこげつきの炊き込みご飯の詳細の炊き方は、下記の記事をどうぞ

失敗なし!クックフォーミーで炊飯、ウマウマな米を炊くヒケツ大公開!

2018.08.28

 

デメリット3位:お値段が高い。約39,000円

3月現在、アマゾンで39000円。これをどう見るか。

「自動&時短調理ができる圧力鍋」兼「巨大炊飯器(米の場合は、予約調理が可能です。炊飯器と同じように使えます!)」兼「巨大な自動&時短蒸し器」として機能をフル活用できるなら、間違いなく買いです。反対に上記を使いこなす必要がない場合は、割高と感じるかもしれません。

ちなみに我が家は、クックフォーミー導入後、炊飯器はほとんど使っていません。白米・玄米・炊き込みご飯すべてクックフォーミーで炊ける、かつ味もおいしいので。炊飯器が壊れても、おそらく買わないでしょう。

あと、自動調理は、ガスコンロみたいに鍋につきっきりでなくても大丈夫なので、いつ抱っこをせがんでくるかわからない0歳児がいる我が家には、ありがたい限りです。自動&時短調理で、「親子の時間」も買えたと思っています。料理に時間はいとわない…という人にとっては、クックフォーミーはあまり意味がないかもしれません。

ちなみに購入前、うちの旦那は「クックフォーミー、高い」と言い切りました。そこを無理やり説得して(というかほぼ押し切って)買ったので、ひたすら使いまくって存在価値をアピールしています(笑)。

まとめ

以上、米やら、蒸し器やら、自動調理やら、マニュアル調理やら…とにかく50回クックフォーミーエクスプレスを使い倒してみて気付いた、デメリットでした。

余談ですが、あと1つデメリットを。クックフォーミーエクスプレスの内蔵レシピ150種類は、肉を使ったガッツリ系主菜が多いです。確かにうまいです。でもカロリーが高い…。油断するとカロリーオーバーしかねません…。

まあ、カロリーとりすぎたら、内蔵レシピの魚の主菜&あっさり系の副菜、蒸し機能で蒸し野菜、材料調理機能でおかゆをつくって調整すれば大丈夫かと。要は自分の意思しだいかもしれません…。

とりあえず、私はクックフォーミーエクスプレスを購入して、満足しています(笑)。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください