【無料】もう損しない!安く家電を買うウラワザとは?

【人柱で実験&動画】新型ブラーバジェットm6と、ブラーバジェット240の違い、徹底比較!

ブラーバジェットm6 ブラーバジェット240 比較

床の汚れや子供の食べ残しもきれいにふき取ってくれる床拭きロボット、ブラーバジェット。

そんなブラーバには、新型ブラーバジェットm6、旧型のブラーバジェット240があり、お値段に差が…。

新型ってどうなの?
旧型で安物買いの銭失いはしたくない…実際は?

そんな方のために今回は、新型ブラーバジェットm6と、旧型のブラーバジェット240を徹底比較していきます!

あずもと

気付けばブラーバジェット歴、もうすぐ2年です!

\ホテルクラスに仕上がる新型/

\コスパが最高な旧型/

新型ブラーバジェットm6とは

ブラーバジェットm6

新型ブラーバジェットm6は、2019年7月発売の、ブラーバジェットの新機種。

水拭きのウェットモードと、から拭きのドライモードを切り替えて使用できます。

 

ブラーバジェットm6の新しい特長の1つが、部屋をマッピングしたうえで、効率のいい掃除ルートでそうじしてくれること。

スマホと連携し、「どこを掃除したか」を確認したり、「何時から掃除するか」を事前に設定するのもできるようになりました。

 

また、充電切れの時に、自分でホームベース(※充電できる基地)にもどり、充電。

充電が終わったら、掃除を再開してくれます。

ブラーバジェット240とは

ブラーバジェット240

ブラーバジェット240は、2016年6月発売の機種。

水拭きで3度ふきする「ウェットモード」、日常的な汚れをとる「ダンプモード」、乾拭きの「ドライモード」があります。

 

スマホからはアプリで、そうじのスタートを指示することができます。

ただ、旧型機種であるため、ブラーバジェットm6についている自動充電、マッピング機能はありません

あずもと

わが家はかれこれ、2年近く使っています!

ブラーバジェットm6とブラーバジェット240、徹底比較!

大きさ・重さを徹底比較

まずは、ブラーバジェットm6ブラーバジェット240の大きさ・重さを比較してみましょう!

ブラーバジェットm6 240 比較

向かって左の小さい方がブラーバジェット240、向かって右の大きい方が新作のブラーバジェットm6です。

あずもと

ブラーバジェットm6、圧倒的に大きい…!

 

数値を見ても、かなり差があります。

ブラーバジェットm6

サイズ:幅270x x奥行252 mm×高さ90mm
重さ :2.2kg(バッテリー装着時クリーニングパッド除く)

ブラーバジェット240

サイズ:幅178x奥行170 mm×高さ84mm
重さ :1.2kg(バッテリー装着時クリーニングパッド除く)

比べてみると、コンパクトさではブラーバジェット240が優秀です。

重さも、ブラーバジェットm6の半分程度。

あずもと

ブラーバジェット240、持った時に軽いよ!

 

高さについては、ブラーバジェットm6が90mm、ブラーバジェット240が84mm。

ブラーバジェット240が6ミリほど低いです。

ブラーバジェットm6 高さ

8~9㎝程度で、ブラーバジェットがぎりぎり通る高さのソファなどの下を掃除させたい場合は…

高さがすこしだけ低いブラーバジェット240が無難です。

 

10㎝程度の高さがあるソファや家具の下なら、どちらの機種でもスイスイ掃除できますよ!

稼働面積を徹底比較

次は「1回でどれだけの広さを掃除できるか?」稼動面積についての比較です。

こちらもかなり差があります。

 

ブラーバジェットm6の稼動面積はウェットモード・ドライモードともに、60畳です。

あずもと

60畳=約109㎡です。広い一軒家でもいけちゃう!

 

対してブラーバジェット240は、ウェットモードが12畳、ダンプモードとドライモードが15畳です。

稼動面積では、圧倒的にブラーバジェットm6が広いです。

 

ただし、どちらの機種も、注意が必要!

ふきそうじ用のパッドが床に接地しているため、部屋の敷居や段差をまたぐのが、ちょっと難しいんです。

稼動面積を生かせるかは、段差のある・なしに左右されます。

 

あずもと

公式サイトから問い合わせしたら、「ブラーバジェットは、どの機種も2㎜以上の段差は厳しい」と、回答をいただきました…。

 

一般的なスライドドアの段差は、だいたい2㎜程度。

段差がある家の場合、ブラーバジェットを使う時に「今日はリビング」「今日は子供部屋」などと、別々に掃除することになります。

 

よって、オススメの方をまとめると

段差がない、15畳以上のリビングの場合は、ブラーバジェットm6がオススメ!

段差がない、15畳以下のリビングだけで使うなら、ブラーバジェット240がオススメです。

 

あずもと

段差が多めのおうちは、稼働面積がせまめになるので、ブラーバジェット240の方がコスパがいいです!

ナビゲーションシステムを徹底比較

次は、ナビゲーションシステムの比較です。

ブラーバジェットm6は、最新型の「iAdapt 3.0」というナビゲーションシステムを搭載しています。

ルンバの最上位機種にも搭載されているシステムで、部屋の構造を記憶し、すばやくお掃除できるんです。

また、マッピング機能により、きまったエリアだけ自動で清掃することもできますよ。

あずもと

キッチンだけ、リビングだけ…と部屋ごとに掃除ができる!

 

一方、ブラーバジェット240は、ナビゲーションシステム「iAdapt2.0 」を搭載。

部屋の広さ・形を把握して、「どこまで拭いたのか、これからどこを拭くべき」かを考えながら、規則正しいパターンで掃除をします。

マッピング機能は、ブラーバジェット240にはありません。

 

段差がない家で、家中の部屋をそうじさせたい場合には、ブラーバジェットm6がオススメ。

リビングやキッチンまわりなど、特定の部屋だけそうじする場合は、ブラーバジェット240がオススメですよ。

拭き掃除の種類・パッドを徹底比較

続いて、拭き掃除の種類についての比較です。

ブラーバジェットm6は、水拭きのウェットモードと、から拭きのドライモードの2種類。

 

ブラーバジェットm6のウェットモードは、洗剤をいれてのそうじになるのが、ブラーバジェット240との大きな違い!

水をいれたあと、洗剤を投入していきます。

あずもと

この洗剤、柑橘系ですごくイイにおい~!ふんわり香ります。

 

また、ドライモードは、水を使わない、から拭きです。

日常的に出るホコリ、髪の毛、ペットの毛などのそうじに向いていますよ。

 

一方のブラーバジェット240の拭き掃除の種類は、3種類

水拭きで3度ぶきする「ウェットモード」、日常的な汚れをとる水拭きの「ダンプモード」、から拭きの「ドライモード」です。

ウェットモード・ダンプモードの水拭き用のパッドには洗剤がすでにセットされており、洗剤は使いません。

 

あずもと

3種類全部使ったけど…「ウェットモード」「ダンプモード」の効果、違いがあまりわからなかった(笑)。

 

ふき掃除の種類は「水拭き」「から拭き」どちらもできるので、安心してくださいね!」

 

また、両者に共通なのが、汚れた場所を集中的にそうじできる「スポットモード」です。

食事の時によごれたテーブルのまわりをサッと掃除する…なんてことも可能です。

 

また、取り付けて使うパッド(モップ)については…

ブラーバジェットm6ブラーバジェット240どちらも、専用の洗濯可能なパッドと、使い捨て用のパッドがあります。

専用のクリーニングパッドを取り付けると、2つのモードからパッドに合った清掃モードが、自動で選ばれます。

使い捨て用のパッドだと、どちらも1回95円程度かかります。

 

あずもと

使い捨てはラクだけど、洗濯可能なパッドのほうが経済的。

 

水の入れ方を徹底比較

「ウェットモード」で水拭きをするときの、水の入れ方も、それぞれ違います。

ブラーバジェットm6は、水のタンクを取り外して、水道の蛇口(じゃぐち)から直接入れる仕様です。

あずもと

2㎝くらいの穴で、蛇口から水を入れやすい!

 

ためられる水量も450cc程度と、とても多いです。

部屋の広さにもよりますが、我が家の場合ふき掃除2~3回分くらいの水をイッキにためられました。

 

一方、ブラーバジェット240は、本体に直接水を注入しなければならないため、少し不便です。

あずもと

穴が1㎝くらいで小さく、水も拭きそうじ1回分、50ccくらいしか入らないから、ちょっと不便。

 

水の入れ方については、ブラーバジェットm6のほうが手軽&カンタンですよ。

\広い面積をピカピカに水ぶき/

\コンパクトさがウリ/

掃除の様子&結果を徹底比較

つづいて、掃除の最中の様子です。

ブラーバジェットm6の掃除の様子は、直線的です。

あずもと

後でひきかえして、同じところを何度も掃除して、キレイにするよ!

一方、ブラーバジェット240は、「ウェットモード」で少し横にずれながら、同じところをそうじしていきます。

掃除の結果はというと、すごい正直いうと…

ブラーバジェットm6は高いだけあって、掃除がキレイに仕上がります!

 

ブラーバジェット240も、床掃除は全体的にピカピカにしあげてはくれるのですが…

たまに残す、吹きのこしたホコリが出たりもしました…。

溝が深く・ひろめの床だと、パッドがひっかかって、よくホコリが出ます。

ブラーバジェット口コミ。買う前に知りたかった!残念ポイントと対策まとめ

あずもと

でも、床がフラットな家に引っ越したら、ホコリがでる頻度が減りました。

 

仕上がりのカンペキさを求めるなら、ブラーバジェットm6がオススメです!

パッドのはずし方を徹底比較

そうじで汚れたパッドは、どちらもボタン一つで、手軽に捨てられます。

あずもと

手が汚れないのがウレシイ!

向かって右、ブラーバジェットm6は、前面のボタンを押して、ポトっとはずします。

向かって左、ブラーバジェット240は、天面のボタンをスライドして、ポトっとはずします。

 

ちょっと形状が違いますが、どちらもゴミ箱の上で手をよごさずに、ワンタッチで捨てられますよ。

 

充電の方法を徹底比較

充電の方法は、まったく違います。

 

写真向かって右、ブラーバジェットm6は、ホームベース(※ブラーバの基地)による自動充電です。

そうじの途中で充電がきれそうになっても、自動でホームベースにもどって、自動で再開してくれます。

あずもと

全自動、めっちゃラクチン~♪

 

一方、ブラーバジェット240は、バッテリー式です。

バッテリーを充電をしたあと、手動でセットしてから、掃除をすることになります。

充電がきれたら、その場でストップして掃除が終了する形です。

 

よく拭き掃除をするなどで、充電の手間を考えずにラクをしたければ、ブラーバジェットm6がオススメ。

充電の手間はさほど気にしないのなら、ブラーバジェット240がオススメですよ。

\自動充電で最高の仕上がり/

\人よりキレイな床になる/

 

新型ブラーバジェットm6だけにある独自機能

続いて、新型のブラーバジェットm6にしかない機能を紹介していきます。

①マッピング機能

マッピング機能とは、部屋の地図を描いて、「どこを掃除したか」を明確にしてくれる機能です。

「どこを掃除したか」が、手持ちのスマホで、一発でわかりますよ。

あずもと

ふきのこした場所の家具を移動しておくなど、次回の掃除の対策がとれます!

②スケジュール機能


スケジュール機能は、「何曜日の、何時に、どの部屋を掃除するか」を設定できる機能。

設定しておけば、指定した時間に勝手に掃除がはじまるので、そうじし忘れがなくなりますよ。

あずもと

共働きで家にいない平日そうじに、ピッタリ!

③ルンバi7+シリーズと連携

ルンバのi7シリーズだと、連携が可能です。

ルンバの掃除が完了したあと、自動でブラーバジェットm6で拭き掃除を始めてくれますよ。

あずもと

ルンバのi7シリーズ以外の機種ではできない機能ので、注意。

③スマートスピーカー対応

ブラーバジェットm6は、スマホなど使わず、声だけでそうじを始めることができます。

あずもと

「オッケーGoogle、ふきそうじを始めて」で、掃除がスタートします!

スマートスピーカーでは、Amazon Alexa、Googleアシスタントに対応していますよ。

 

\全自動でそうじをやってくれる/

値段はどう違う?

気になるお値段の比較です。※2019年9月現在

こちらのお値段は、5万円近く差があります。

  ブラーバジェットm6  ブラーバジェット240 ブラーバジェット250 
※ブラーバジェット240の後継機。2019年発売
Amazon ¥75,470 ¥24,624 ¥29,880
楽天 発売なし
Yahooショッピング 発売なし
iRobot公式サイト 発売なし

           

MEMO
ブラーバジェット250は、ブラーバジェット240の後継機。
ただ機体は同じで、機能もまったく同じ。付属品のみ異なり、洗濯可能なパッドと1枚と、洗剤がついてきます。

 

あずもと

ブラーバジェット250を買うより、ブラーバジェット240の方がちょっとオトク。

さすがに最新機種のブラーバジェットm6は、性能がピカイチのため、旧型機種のブラーバジェット240の約3倍の金額。

なかなかイイお値段します。

 

どちらにしろ、「買ったら使うか?」は、しっかり家族・おサイフと、検討が必要。

とはいえ買ってみて「意外といらない?」と後悔するのももったいないので、迷ったら、レンタルでお試しして判断もオススメです。

 

あずもと

レンティオなら、ブラーバジェットシリーズが月額2,000円~で、一番安くレンタルできますよ!

\ホテルクラスの最高の仕上がり/

\コスパ&コンパクトさがウリ/

口コミを徹底比較

では実際、ブラーバジェットm6ブラーバジェット240の口コミはどんな感じでしょう?

ブラーバジェットm6の口コミ

https://twitter.com/iToro/status/1164789408744136704

ブラーバジェット240の口コミ

あずもと

人が毎日ふき掃除をするのは現実的じゃないけど、ブラーバジェットなら可能!

 

まとめ

以上、ブラーバジェットm6ブラーバジェット240のちがいでした。まとめると、以下のようになります。

ブラーバジェットm6がオススメな人
  • 家のリビング・キッチンが、12畳以上
  • できれば毎日使いたい
  • 一度にそうじできる面積は、広い方がいい
  • 充電は自動でやってほしい
  • スマートスピーカーで動かしたい
  • 自動連携できる「ルンバi7シリーズ」を持っている

\ホテルクラスの最高の仕上がり/

 

ブラーバジェット240が向いている人
  • 家のリビングが、12畳以下
  • 使う頻度は週に1~2回程度
  • コスパを重視しつつ、床拭きはロボットにお願いしたい
  • 充電は自分でやればOK!

\コスパ&コンパクトさがウリ/

 

どちらの機種でも、床がさらっさら、人がふくよりもピカピカにしあがるのが、すごいところ。

あずもと

自信をもって来客をむかえられます♪

 

床がピカピカなだけで、まるでホテルにいるような、床のピカピカな非日常空間が味わえます。

このヤミツキな快感、ぜひ、試してみてくださいね。

 

\格安レンタルからお試しする?/

ブラーバジェット格安レンタルランキング

  • レンティオ

    「いちばん安くブラーバジェットを借りて、必要か判断したい」「3か月間のお試しでレンタルしたい」「新型ブラーバジェットm6を使ってみたい!」という方にオススメ!

    評価
    おすすめポイントブラーバジェット月額2,000円~から
    特長往復の送料完全無料

    ブラーバジェットを格安で借りれるのが、レンティオ。15日レンタルで2,980円。3か月以上で借りれば、月額2,000円~と格安になります。往復の送料も無料。 また、新型ブラーバジェットm6を借りれるのはレンティオだけ!

  • ベビレンタ

    ベビレンタ

    「ベビー用品やおもちゃなどといっしょに、ブラーバジェットをレンタルしたい」という方にオススメ

    評価
    おすすめポイントブラーバジェット月額3,900円+送料2,300円
    特長育児用品も借りれる

    ベビレンタは、月額3,900円~からブラーバジェットをレンタルできます。ただし送料が別途2,300円~かかります。保証をつける場合は追加で1,620円必要。ベビー用品などとまとめてレンタルするのに手軽でオススメ。

  • DMMいろいろレンタル

    1か月限定の月額レンタル。「ペットや赤ちゃんが壊したとき心配。とにかく保証を充実させたい」という人にオススメ。

    評価
    おすすめポイントブラーバジェット月額5,500円~
    特長修理費用・往復送料完全無料

    往復送料無料。万が一、汚損・破損してしまっても修理費用が請求されないので、ペットや子供がいる家庭でも、安心して使えます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください