【5000円ぶんのポイントGETのチャンス】Amazonサイバーマンデーがきた!

【レビュー&口コミ】ブラーバジェットm6 は、ベタベタ汚れに勝てるのか!?【メリット・デメリットまとめ】

あずもと

子供の食べこぼしがすごい…床やらマットやら、ナゾなシミばかり…

そんなわけで、2019年7月発売の床拭きロボット、ブラーバジェットm6を導入してみました。

 

育児世帯あるあるな、「ベタベタ汚れ」。

食べ物・飲み物・そして正体不明のナゾ汚れ…

「はたして、ベタベタ汚れはきれいになるのか!?」「そうじはラクになるのか!?」

実験したので、レポします!

あずもと

新型ブラーバジェットm6は、床拭き丸投げOKのサイコーな奴でした!

\ホテルクラスに仕上がる新型/

新型ブラーバジェットm6とは

ブラーバジェットm6は、2019年7月発売の、ブラーバジェットの新機種です。

水拭きのウェットモードと、乾拭きのドライモードで、床をがしがしふいていきます。

 

前機種の「ブラーバジェット240」など、ほかの水拭きロボット掃除機との大きな違いは…

部屋をマッピングしたうえで、効率のいい掃除ルートで水拭きをしてくれること。

スマホと連携し、「どこを掃除したか」を確認したり、「何時から掃除するか」を事前に設定するのもできるようになりました。

もうひとつ大きな違いは…ズバり、清掃力!

ベタベタな汚れも、こびりつき汚れも、人がするような念入りな掃除でキレイにします。

あずもと

その清掃力はどんなものか…!? リアル実験してみました!

ブラーバジェットm6 vs食べ物・飲み物・ナゾ汚れ 対決させてみた

というわけで、ブラーバジェットm6の出番です。

対するのは、わが家のリビングの床。

放っておくとスグ、ごはんつぶ、油や牛乳などのベタベタ汚れができてしまうんですが…

理由はこちらのお方。ムスメ1歳。

めっちゃこぼします(時にわざとやる)

あずもと

子供がうまれてはじめて、食べ物のカスで床が汚れるのがよくわかったよ…。

というわけで、ブラーバジェットm6に、何とかしてもらいます!

 

まず準備、ブラーバジェットm6の容器に、水と洗剤をいれます。

そう、ブラーバジェットm6には、専用の洗剤がついているのです…!

MEMO
ブラーバジェットm6は、付属品で2回分の使い捨てパッドと洗剤がついてきます。今回はガシガシ使いたかったので、パッドも洗剤も別売りで購入しました。

続いて、パッドをセット。

準備2分くらいで完了。さっそく掃除をスタートします!

あずもと

おお、動いた!

 

①牛乳やミルクの汚れは?

まずは、子供がよくやる、牛乳やミルクの汚れ。

夕食後、気になったところだけ拭いても、気づいたら「なんかある」こちらのシミ…


ブラーバジェットm6で、なくなりました。

②超ガンコな食べ物汚れ

続いて、トマトだか何かの、汚れ。

もはやベタベタを通り越して、カピカピになっています。

あずもと

手でちょっぴりガリガリ削ってみたけど、落ちなかった…さすがにコレはムリだろ~。

と思ってやってみたら…


あ、ちょっと薄くなった。

ぶっちゃけ、1回だと全部落ちるまではいきません。

でも後日、3~4回ブラーバジェットm6を走らせることで、「このシミどこいった?」にはなりました。

あずもと

洗剤の力はスゴい!

 

③よくわからないマットのしみ

お次は、子供用のマットのシミです。

いつ何でついたか、まったく不明なシミは…

まず、むかって右側の白い面のほう、1発でキレイになりました!

左のグレーの面にポツポツあったシミも、どこいった?状態。

ブラーバジェットm6のふき掃除のあとのパッド、こちらです。

あずもと

1週間ほどふき掃除をしてないとけっこう汚れるなあ…。

そうじで汚れたパッドは、側面のボタンポチっとおして、手軽に捨てられますよ。

あずもと

手が汚れない!地味に助かる~!

そして、無事にキレイなお部屋になりました。

あずもと

ピカピカ、ツヤツヤの床! ホテルクラスにキレイ…!

\ホテルクラスに仕上がる新型/

新型ブラーバジェットm6のメリット

①全自動で充電してくれるから手間いらず

せっかく家電を買って、めんどうくさい床拭きをお願いするなら、できるかぎり全自動でやってほしいもの。

ブラーバジェットm6は、自動充電式で、充電の手間はいっさいいりません。

 

掃除がおわったら、自分で勝手にホームベース(充電する基地)にもどって、充電。

充電が切れそうになっても、自動で充電ホームベースに戻り、充電が終わったら掃除を再スタートしてくれます。

そうじに極力手間をかけたくない…そんな気持ちを叶えてくれる家電ですよ。

②マッピング機能で、好きなところをそうじしてもらえる

ブラーバジェットm6には、部屋の地図を描いて、そうじした場所を確認できる「マッピング機能」があります。

アプリをいれれば、「どこを掃除したか」が、手持ちのスマホで、一発でわかるのに加え…

キッチンだけ、リビングだけ…ときまったエリアだけ自動でそうじをさせることも、可能です。

というのも、ブラーバジェットm6には、最新型の「iAdapt 3.0」というナビゲーションシステムを搭載されています。

ルンバの最上位機種にも搭載されているシステムで、部屋の構造を記憶して素早くそうじをしてくれるのです。


その稼働面積は、ウェットモード(水ぶき)、ドライモード(乾ぶき)ともに、60畳です。

MEMO
60畳=約109㎡です。広めの一軒家をそうじできる数字です。

 

③スケジュール機能で、自動で水拭き開始

水ぶきは、できるかぎり家の人がいない間にやってほしいもの。

ブラーバジェットm6は、こちらがきめた時間に、全自動で水ぶき掃除を始めてくれます。

「何曜日の、何時に、どの部屋を掃除するか」まで、細かく設定ができますよ。

また、ルンバi7シリーズとなら、連携もできます。

ルンバi7シリーズで掃除がおわると、ルンバから指令がとび、自動でブラーバジェットm6のふき掃除が始まります。

ルンバシリーズでそろえると、より人間の手間をへらすことができますよ。

\ホテルクラスに仕上がる新型/

 

ブラーバジェットm6のデメリット

気になるデメリットも、語ります。

①大きいそして重い


ブラーバジェットm6なかなかデカく、そして重いです。

MEMO
ブラーバジェットm6のサイズ
サイズ:幅270x x奥行252 mm×高さ90mm
重さ :2.2kg(バッテリー装着時クリーニングパッド除く)

自動充電のため、コンセントの1m範囲内に置く必要があります。

延長ケーブルを使えばコンセント問題は解決するものの…

部屋でかなり存在感を発揮するので、置く場所は、しっかり考えておく必要があります。

ソファの下、オットマン(補助のいす)があれば、その下にかくすのもアリですね。

もし「どうしても置く場所が気になる…」「近くにコンセントがない」という場合は、ブラーバジェット200シリーズがオススメです。

向かって左の、ブラーバジェット200シリーズは、ブラーバジェットm6の半分くらいの大きさです。

高さも、ブラーバジェットm6の90mmに比べ、ブラーバジェット200シリーズが84mmと、6ミリほど低いです。

手持ちの家具の足の高さが9㎝程度で、ブラーバジェットがぎりぎり通る高さの場合は…

高さがすこしだけ低い、ブラーバジェット200シリーズにしておくと、まちがいがないですよ!

 

また、ブラーバジェット200シリーズの充電は、とりはずし式のバッテリー充電です。

充電のために、本体を決まった場所におく必要がないから…

物置の中にしまって、必要なときだけ取り出すのも可能。

 

ブラーバジェット200シリーズは、毎回自分で充電する必要はあります。

ただ、全自動の手軽さよりもコンパクトさを求めるなら…

あえてブラーバジェット200シリーズを考えるのは、大アリです。

 

MEMO
ブラーバジェット200シリーズは、240と250の2種類があります。

本体の性能は同じで、付属品が違うだけ。

250には洗濯可能ウエットパッド(1枚)、洗剤サンプル(2回分)がついています。

\コスパが最高な200シリーズ/

\m6と240、どっちも使った感想!/

ブラーバジェットm6 ブラーバジェット240 比較【人柱で実験&動画】新型ブラーバジェットm6と、ブラーバジェット240の違い、徹底比較!

②段差を超えるのは厳しい

ブラーバのすべての機種(というか床ふきロボットすべて)に言えますが…

ふきそうじ用のパッドが床にぺったり着いているため、部屋の敷居・段差をまたぐことが、難しいです。

 

わが家では、ブラーバジェットm6スライドドアの2㎜の段差は乗り越えたり、乗り越えなかったり…ムラがありました。

2分の1くらいの確率で2㎜の段差を超えます

公式サイトに問い合わせをしたところ、「2㎜以上の段差は厳しい」との回答。

ブラーバジェットm6は60畳と、広い稼動面積を持っていますが。

その性能を生かせるかは、段差の有無に左右されます。

「そうじさせたいところに、2㎜以上の段差はどれくらいあるか?は、しっかりチェックしておきましょう。

\段差問題を徹底検証!/

ブラーバジェットの段差【動画】ブラーバジェットって段差を超える?段差から落ちたりしない?徹底検証

あずもと

でも充電やスタートが全自動で、トータルとしてはすごく便利!大満足!

値段は? どこで買うのがオトク?

最後に、気になるお値段の比較です。※2019年9月現在

ブラーバジェットm6はどこで買うのがいい?と思いきや…

じつは、どこも同じなので、ポイントを貯めているところから買うのがオススメですよ!

  ブラーバジェットm6 
Amazon ¥75,470
楽天
Yahooショッピング
iRobot公式サイト

ブラーバジェットm6、口コミの評価は?

ブラーバジェットm6のQ&A

ブラーバジェットm6は、市販のおそうじシート(クイックルワイパーなど)は、使えません。

とはいえ、付属品に洗濯可能ウェットパッド(1枚)・洗濯可能ドライパッド(1枚)がついています。

洗濯をすれば経済的に使えるので、おそうじシートはなくて大丈夫ですよ。

 

とはいえ、洗濯するにも、汚れがあるのを洗濯するのは、正直気になるところ。

なので、代案として…。

床がとてもよごれている日は、使い捨てのパッドを使い、ササっと捨てる。

前日も掃除しているなど、よごれが少ない日は洗濯可能ウェットパッドを使い、経済的に済ませるのがオススメですよ。

あずもと

毎日使い捨てパッドを使う必要は、正直ないと思います!


ウェットモード(水ぶき)、ドライモード(からぶき)の2種類です。

ウェットモードは、専用洗剤で床を水ぶきしていきます。

ドライモードは、水を使わない、から拭きです。

日常的に出るホコリ、髪の毛、ペットの毛などのそうじに向いていますよ。

 

ウェットモード、ドライモード、どちらにするかは、専用のクリーニングパッドを取り付けるだけ。

上の水色がウェットモード、下の白色がドライモードです。

2つのモードからパッドに合った清掃モードが、自動で選ばれます。

MEMO
写真は使い捨て用のパッドです。洗濯してなども使えてコスパがいい「洗濯可能ウェットパッド」も、付属品でついていますよ。

 

また、ウェットモード、ドライモードとも、汚れた場所を集中的にそうじできる「スポットモード」を使えます。


ボタンをおすと、半径1m以内の場所を重点的に掃除をしてくれます。

食事の時によごれたテーブルのまわりをサッと掃除する…なんてことができますよ。

ブラーバジェットm6は、前面から水をふきかけて掃除する方式です。

「ラグや家具に水をかけちゃったりしないか?」は気になるところですが、1回もなかったです。

あずもと

安心して使いこめました!

「ウェットモード」で水拭きをするときの、水の入れ方はカンタン。

ブラーバジェットm6は、水のタンクを取り外して、水道の 蛇口 じゃぐち から直接入れる仕様です。

あずもと

2㎝くらいの穴だから、サクサク水が入るよ!

 

ためられる水量も450cc程度と、とても多いです。

部屋の広さにもよりますが、我が家の場合、ふき掃除2回分くらいの水をイッキにためられました。

スマートスピーカーでは、Amazon Alexa、Googleアシスタントに対応していますよ。

スマホなど使わず、声だけでそうじを始めることができます。

あずもと

「オッケーGoogle、ふきそうじを始めて」で、掃除が始まった!

ブラーバジェットm6 まとめ

以上、ブラーバジェットm6のメリット・デメリットでした。

ブラーバジェットm6が向いている人、向いていない人は、以下です。

 

ブラーバジェットm6が向いている人
  • 家のリビング・キッチンが、12畳以上
  • できれば毎日水ぶきしたい
  • 一度にそうじできる面積は、広い方がいい
  • 充電は自動でやってほしい
  • スマートスピーカーで動かしたい
  • ルンバi7シリーズを持っている
ズボラさんにぴったり!

\ホテルクラスに仕上がる新型/

ブラーバジェットm6が向いていない人
  • 水ぶきロボットを置く場所がない
  • 床はあまり食べこぼしなど汚れはしない
  • 使う頻度は月に1回程度

 

あずもと

ブラーバジェットm6なら本格的にピカピカな水拭きができますが…

汚れが少ないなら、手軽なエントリーモデル・ブラーバジェット200シリーズでコスパ追究はアリ!

\コスパが最高な旧型/

 

ブラーバジェットm6は、全自動でそうじをスタートさせてくれるのに加えて。

床がさらっさら、手でふくよりもピカピカにしあがるのが、すごいところ。

あずもと

クイックルワイパーで掃除するより、拭きあとがキレイで、来客時もジマンできる!

全自動なのにホテルライクにピカピカな床になり、おうちの高級感がグっとます…!

自分は気持ちよく、お客さんにも「家、キレイだね」なーんて言われる毎日、はじめてみませんか?

 

とはいえ買ってみて「意外といらない?」と後悔するのももったいないので、迷ったら、レンタルでお試しして判断もオススメですよ。

 

あずもと

レンティオなら、ブラーバジェットシリーズが月額2,000円~で、一番安くレンタルできますよ!

\ホテルクラスに仕上がる新型/

製品仕様
  • サイズ: 幅270mm×奥行252mm×高さ90mm
  • 重さ: 約2.2kg(バッテリー装着時/クリーニングパッド除く)
  • 充電 :ホームベースで自動的に充電
  • 充電時間 :約3時間
  • 電源:AC100V 50/60Hz
  • 付属品:ブラーバ ジェット m6本体・バッテリー・ホーム ベース・ドリップトレイ・ウェットパッド(2枚)・ドライパッド(1枚)・洗濯可能ウェットパッド(1枚)・洗濯可能ドライパッド(1枚)・電源コード・床用洗剤(2回分)

\コスパ追究モデルも見てく?/

ブラーバジェット口コミ。買う前に知りたかった!残念ポイントと対策まとめ

\格安レンタルからお試しする?/

ブラーバジェット格安レンタルランキング

  • レンティオ

    「いちばん安くブラーバジェットを借りて、必要か判断したい」「3か月間のお試しでレンタルしたい」「新型ブラーバジェットm6を使ってみたい!」という方にオススメ!

    評価
    おすすめポイントブラーバジェット月額2,000円~から
    特長往復の送料完全無料

    ブラーバジェットを格安で借りれるのが、レンティオ。15日レンタルで2,980円。3か月以上で借りれば、月額2,000円~と格安になります。往復の送料も無料。 また、新型ブラーバジェットm6を借りれるのはレンティオだけ!

  • ベビレンタ

    ベビレンタ

    「ベビー用品やおもちゃなどといっしょに、ブラーバジェットをレンタルしたい」という方にオススメ

    評価
    おすすめポイントブラーバジェット月額3,900円+送料2,300円
    特長育児用品も借りれる

    ベビレンタは、月額3,900円~からブラーバジェットをレンタルできます。ただし送料が別途2,300円~かかります。保証をつける場合は追加で1,620円必要。ベビー用品などとまとめてレンタルするのに手軽でオススメ。

  • DMMいろいろレンタル

    1か月限定の月額レンタル。「ペットや赤ちゃんが壊したとき心配。とにかく保証を充実させたい」という人にオススメ。

    評価
    おすすめポイントブラーバジェット月額5,500円~
    特長修理費用・往復送料完全無料

    往復送料無料。万が一、汚損・破損してしまっても修理費用が請求されないので、ペットや子供がいる家庭でも、安心して使えます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください