ルンバ最新i7+と960 ママ目線で徹底比較、違いは5つ!自動ゴミ捨て機能など大進化

i7+ 960 比較

自動ゴミ捨て機能、水洗いできるダストボックス…など目に見えて「いいな~」と思う機能がたくさん!

そんなロボット掃除機・ルンバの最新型i7+が、2019年3月8日、発売になりました!

i7+

ルンバi7+はフラッグシップモデルです(引用:アイロボット)

 

管理人azusa
でも、過去のルンバと、どう違うんだろう…?

 

そこで今回は、ルンバ960を来る日も来る日も酷使して、気づけば1年半!

ルンバ沼にどっぷりハマってぬけだせなくなった私・auzsaが、ルンバi7+と、ルンバ960との違いを徹底解説します!

 

「せっかく買うなら、徹底的に掃除してくれるルンバがいいけど、どちらを買おうかな~」

そう迷われてる方の、参考になれば嬉しいです!

 

管理人azusa
じつは、i7+発売後は、それまでの最高モデルのルンバ980は、生産中止になっちゃったんです。

そこで今回は、生産・販売が継続されるルンバ960との比較にしています。

ぜひお楽しみくださいね!




 

【ルンバi7+と960比較 違い①】i7+は新しく自分でゴミをまとめてくれる

ルンバi7+ 口コミ

まず、大注目の大きな違い!

ルンバi7+は、「自動ゴミ捨て機能」がついており、960との大きな差別化ポイントになっています。

 

ルンバi7+は掃除がおわると、自動ゴミ収集機(クリーンベース)のもとに戻ってゆき、合体!

ルンバi7+の中のゴミが、「ウィ~ン」と吸い取られてゆくんです。

吸い取り時間はまさかの10秒程度、スグ終了しちゃいます。

ちなみに、ルンバi7+のクリーンスペースは、見た目とはうらはらに、意外と大容量。

ダスト容器約30回ぶんのゴミを、しっかり貯め込んでくれるんです。

クリーンスペース内のゴミは、密封紙型パックに入っていきます。

おわったら手をよごさず、ホコリもまったりすることなく、ポイっと手軽に捨てられますよ。

ルンバi7 紙パック
管理人azusa
とはいえ、ママ的には…。

掃除機の紙パックっていうと、「え~」って正直思っちゃうんですよね…。

だって、毎回かうのが面倒だし、高くつくもん…。

 

というわけで、この密封紙型パックじたいのお値段を見てみましょう。

ズバリ、3コ入りで、税込2138円です。

 

一見、「え、そこそこするなあ…」と思うんですが。

じつは密封紙型パックは、3コもあれば、フツーの家庭なら1年~1年半はもつんですよ。

 

管理人azusa
3LDK、毎日ルンバをかけるわが家ですら、ルンバのダスト容器のゴミ捨ては週1程度。

となると…ルンバi7+の紙パック1つにつき、30回ゴミをためられる=30週間は使える。

要するに、1コの紙パックで、半年以上は持つ計算!意外とリーズナブル!

 

ルンバ ダストボックス

ルンバ960は自分でダストボックスの掃除が必要

続いて、ルンバ960のゴミすて事情について。

ルンバ960はダストボックスをひきだし、自分でゴミ捨てをする必要があります。

とはいえ、1週間に1度パカっと開けて掃除するくらいなので、ラクっちゃラクです。

紙パックが不要なので、買い忘れて困るってコトもとくにありません。

 

ゴミ捨てを忘れたときも、「ゴミフルサイン」がついて、「ゴミを捨てて~」とお知らせしてくれるので、安心ですよ。

 

旦那(ドケチ)
ゴミ捨てじたいは、サクっと1分くらいでできます。

週1のゴミ捨てはほぼ自分の役割です。

 

★CHECK!★

 

 

【ルンバi7+と960との比較 違い②】i7+は、部屋ごとに掃除をできちゃう

ルンバi7 アプリ

ルンバi7+はお部屋を覚えてくれるんです!

続いてルンバ960との違い、2つめ。ルンバi7+は、部屋ごとの掃除ができるようになりました。

スマホを司令塔にして、「今回は2階だけ掃除しよう」「今日は子供部屋だけやっとくか」なんて設定ができるんです。

曜日や時間ごとに掃除をする部屋を決める…なんて使いかたもオッケー!

管理人azusa
2階だてのおうちには、うれしい機能!

 

というのも。

ルンバi7+は、「ルンバが今どこにいるのか」誘導するシステムが「iAdapt 3.0 ビジュアルローカリゼーション」に進化、一気に賢くなったんです。

管理人azusa
中でも私がビックリしたのは、上記の動画。

「子供部屋だけ掃除したい!」ときは、ささ~っと子供部屋にむかってくれるんです。

ルンバが…め、めっちゃ賢くなっておる…。

 

こういった、いくつもの部屋の間取りを読み取って、学習・記憶してくれる「imprint ™ スマートマッピング」機能が搭載されているのは、ルンバi7+と、i7だけになります。

 

一方、ルンバ960のナビゲーションシステムは、「iAdapt 2.0ビジュアルローカリゼーション」です。

ルンバ960がフロア全体の間取りと、自分が今どこにいるか、どこが掃除されてないかを判断できます。

ルンバi7と違って、部屋の識別はされません。

「そうじするときは、部屋を全部イッキに掃除したい派」にオススメですよ。

 

管理人azusa
ルンバ960使いの我が家。

3LDKのマンションも、家中まんべんなく掃除しくれてます!

 

★CHECK!★

 

【ルンバi7+と960との比較 違い③】ダスト容器が水洗いできる

 

ルンバi7+は、ダスト容器を水洗いできます。

ダスト容器を水洗いするメリットは、ダスト容器に残ったホコリ・チリを水洗いでササっと終了できることです。

 

一方、ルンバ960のダストボックスは、水洗いはできません。

ゴミをすてても、ダストボックスの奥に、ちょっとゴミがのこることも多々。

でも気にせず使ってます(笑)。フツーに使えてます。

 

管理人azusa
キレイに使いたい人には、ダストボックスの水洗いはいいかも!

私みたいなズボラさんの場合、あってもなくてもいいかもしれない(笑)。

 

★CHECK!★

 

【ルンバi7+と960との比較 違い④】付属物

バーチャルウォール

デュアルバーチャルウォールはどちらもついてます!

ルンバi7+と、ルンバ960では、付属物もじつは違います。

赤字が違う点です。

  ルンバi7+
ルンバ960
ルンバ960がオススメな人
クリーンベース ×
交換用紙パック ×
バッテリー(内蔵)
ホームベース × (クリーンベースがホームベースになってる)
デュアルバーチャルウォール ○(1コ) ○(1コ)
交換用フィルター ○(1コ) ○(1コ)
電源コード
乾電池

 

ルンバ960ではホームベース(ルンバの戻る基地)だったのが、ルンバi7+ではゴミを貯めておく「クリーンベース」に進化。

ルンバi7+には、さらにクリーンベースにセットする用の、交換用紙パックもついています。

すでについている紙パックで、最低半年は使える計算です。

 

デュアルバーチャルウォール

また、デュアルバーチャルウォール(ルンバが入ってきて欲しくない場所に設置する置物)は、ルンバi7+にもルンバ960にもついています。

玄関や、ペット用の水場など、ルンバが入ってほしくない場所はバッチリガードできるので、安心ですよ。

 

管理人azusa
どちらも、スグに掃除するのに必要なものは、ばっちり入っている!

以前発売されていたルンバ980は、バーチャルウォールが2コついてたりしたけど…。

今回は付属物での差は、あまり気にしなくてよさそうです。

 

★CHECK!★

付属物は、ルンバi7+も、ルンバ960も、スグ使うのに必要なものがセットされている。

付属物で選ぶ必要は、とくにナシ!

>>公式サイトでさらにチェックしてみる

【ルンバi7+と960との比較 変わらない点⑤】i7の吸引力はさらに強く!

ルンバi7+、960で変わるのは、ホコリやチリをしっかり逃さずとる、吸引力です。

ルンバi7+は「パワーリフト吸引」がつき、960に比べ、約2倍の吸引力になっています。

ルンバ I7 吸引力

i7+の前に粉をまいて実験。通ったとこはキレイに!

 

とはいえ、960もなかなか優秀です。

ルンバi7+、960ともに、ゴミからハウスダストまでしっかりとりのぞく「AeroForce™(エアロフォース)3段階クリーニングシステム」を採用しています。

 

管理人azusa
一見「なにそれ…?」と思うカタカナ用語ですが(笑)。

要するに、「徹底的にゴミを拾いまくる、ブラシがついてますよ」ってコトです。

エアロフォース3段階クリーニングシステム

ルンバさんの裏がわ、よく見るとブラシがたくさん

まず、「エッジクリーニングブラシ」で、壁際や角の取りにくいゴミをしっかりかきだす。

加えて、ゴム製の2つのブラシで、ゴミをしっかり取り切る。

ブラシがしっかり機能して、ゴミを取り除くテクノロジーなんですよ。

 

管理人azusa
ズボラ人間のわたしが掃除するより、よっぽどキレイになりますよ!

 

旦那(ドケチ)
そこ、自慢するとこじゃない。

 

ちなみに、ゴミはもちろん、アレルゲンなどの花粉もOK。

ルンバ ハウスダスト

引用:アイロボット

ダストカットフィルターで、見えるゴミはもちろん、カビ、花粉、ダニ、犬や猫などペ ットによるアレルゲンも 99%捕捉してくれますよ。

 

管理人azusa
共働きでマメに掃除できないし、アレルゲンまで取りきる自信なんてない~!

育児家庭的に、ルンバ様様です;▽;

 

【ルンバi7+と960との比較 違い⑥】値段

ルンバ960

ルンバ960は7万円台で手に入ります

価格は、ほぼ倍くらい違います。

ルンバi7+ 140,270円(税込)

ルンバ960 75,470円(税込)

です。

 

管理人azusa
正直、ルンバi7+はフラッグシップモデルだからいいお値段!

ほしいけど…フツーの主婦・ママのわが家には、かなり高い…。

 

とはいえ、ルンバi7+のひとつ下のモデルであるルンバ960で、部屋中ぴっかぴかです(笑)。

宝くじがあたるなり、臨時収入があったり、生活環境が変わったらルンバi7+をゲットしちゃうかもしれませんが…。

とりあえず、すでにゲットして大活躍しているルンバ960を、大事に使います。

 

★CHECK!★

 

【ルンバi7+と960との比較 変わらない点①】アプリ対応

 

管理人azusa
ここからは、ルンバi7++と960と同じ点、いってみましょー!

ルンバi7+もルンバ960も、スマホ対応!

ルンバi7+、ルンバ960ともに、スマホのiRobot®HOMEアプリで操作できます。

外出先からルンバで掃除をスタートするのはもちろん、掃除した面積・回数を確認したり。

Google homeや Amazon Alexa をアプリと連携させれば、声で掃除をスタートさせることもできますよ。

 

 

【ルンバi7+と960との比較 変わらない点②】充電時間・稼働時間

意外と稼働時間も充電時間もかわらない

ルンバi7+、ルンバ960ともに、充電時間・稼働時間は同じです。

充電は3時間かかります。

稼働時間は、最大75分です。

 

管理人azusa
3LDK、86.5㎡のわが家がルンバ960を使うと、だいたい50~60分くらいで掃除が完了します。

引っ越す前にラグをしいているときには、だいたい60~70分くらいかかっていました。

ラグがあると、ルンバが手間取るのか、+10分ほどかかる印象です。

 

★CHECK!★

 

ルンバi7+とルンバ960の比較 まとめ

以上、ルンバi7+と、ルンバ960の比較のまとめでした。

 

2019年3月現在、ルンバのフラッグシップモデルである、ルンバi7+

i7シリーズの販売と同時に、2万円ほど値下がりした値段で売られるようになった、ルンバ960。

違いとオススメの方、まとめると、以下です。

 

ルンバi7+がオススメの人
ルンバi7+がオススメの人
  • 2階だて以上のおうちに住んでいて、部屋ごとに掃除したい。
  • 自動ゴミ捨て機能つきがいい。徹底的にゴミ捨てを回避したい!
  • ダストボックスは水洗いして、きれいに使いたい。
  • スマホで外出先から掃除したり、掃除履歴の確認をしたい。
  • >>ルンバi7+を公式サイトでさらにチェックしてみる

 

 

ルンバ960がオススメの人
ルンバ960がオススメな人
  • マンションに住んでいて、1回の掃除で家中まるごと掃除したい。
  • 週1くらいなら、自分でダストボックスのゴミ捨てもあり
  • ダストボックスを水洗いは、とくにいらない
  • スマホで外出先から掃除したり、掃除履歴の確認をしたい。
  • >>ルンバ960を公式サイトでさらにチェックしてみる

 

ルンバはお値段はしますが、私にとって掃除の手間が激減した、投資にふさわしい逸品です。

朝仕事に出かける時間に、勝手に掃除をスタートしてくれる。

疲れて帰宅しても、部屋はピカピカ。

赤ちゃんが間違えて食べそうなほこりやチリ、全然おちてなくて、ホント快適です!

 

管理人azusa
あと、わが家ではゴミといっしょに「掃除してよ!」の夫婦ゲンカもなくなりました(笑)。

「ロボット掃除機を操っている」感じが、だんなさんにヒットするらしく…

ルンバのお手入れもやってくれて、大助かり!

 

ルンバi7シリーズ発売後、ルンバ960は値下げされ、より手にいれやすくなりました。

あなたなら、どちらをゲットしちゃいますか?

考えてみるのも、楽しいもの!

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

\私は公式購入で安心もゲット!/

 

おまけ:ルンバで後悔・損したくない人向け!ルンバ豆知識

海外仕様製品ではトラブルも… 引用:アイロボット

ルンバって、じつは日本のアイロボット社で認められてない並行輸入品・海外仕様品も売られているって、知っていました?

ルンバを損せずゲットして、安心して使うなら、公式サイトで日本正規仕様品をゲットするのが、オススメです。

 

管理人azusa
理由は3つあります!カンタンに説明しますね。

【1】公式サイトは無償修理が確実&5つのサポートがついてきて安心

公式サイトなら、以下の5つのサポートが必ずついてきます。

  1. 1年間無償の修理サービス
  2. 90日間再修理サービス(修理後90日での不具合なら、無料で再修理)
  3. サポートセンターへの問い合わせ
  4. 購入1年後の有償修理
  5. オーナーズサイトでのサポート情報提供・限定キャンペーン(アイドボット社の新商品の体験モニターに応募できるなど)

実は見落とされがちなのが、①の1年間無償の修理サービス。

アイロボットの認定販売店以外での購入だと、日本仕様正規品であっても、①の無償修理はついてこないんです。

引用:アイロボット社

毎日使うものだからこそ、故障したときのことを考えると、無償修理はあるとないでは、安心度が違います。

 

【2】公式サイトなら、確実に「日本仕様正規品」である

他のサイトだと、並行輸入品・海外仕様品も売られています。

正規品より値段がお値打ちなこともありますが…上記①~⑤のサービスはすべてNGです。

加えて、トラブル事例もあるそうで、アイロボット社から注意喚起もされてます。

引用:アイロボット社

日本仕様正規品かどうかは、発売元がアイロボットジャパン合同会社であること、化粧箱の日本語表記などで見分けがつきます。

ただ、サイトの商品だけで見分けるのが心配なときは、公式サイトで手に入れるのがオススメですよ。

【3】ルンバをオトクにゲットできる

数量限定セールや限定グッズをゲットできたりも(笑)。写真はルンバ型メジャーです

公式サイト限定のキャンペーンが多々あります。

  • 数量限定のクリアランスセール
  • 送料無料キャンペーン
  • ルンバ型メジャーなど、限定グッズプレゼントキャンペーン

など、オトクにゲットできるチャンスがあるので、のぞいてみるとイイコトあるかもしれません。

 

管理人azusa
私も、ルンバは公式サイトでゲットしました!

毎日使うものなので、無償修理あり&安心がイチバン!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

家事のデジタル&効率化を研究する30代ワーママです。 家事の効率化で、空いた時間は家族と仕事のために。 フルタイムで仕事しつつ、不妊治療~妊娠~出産~育休~フルタイム復帰でギリギリなう★←イマココ