【ルンバ2018年比較&診断チャート】結局どれ?うちに合うルンバの種類、10秒でわかる!【おすすめ】

「うちにぴったりのルンバってどれ?」「どのルンバがおすすめ?種類多くてわからない…」

ロボット掃除機、ルンバの購入を考えたとき、悩むことはないでしょうか。ていうか私が、めちゃくちゃ悩みました。ルンバ、高いですもん…。

店員さんに聞いたり、価格コムを見たり、サイトを見たりしました。でも、難しい機能名ばかりが並んでて「結局何が違うの?」ってなっちゃうんですよね…。機械オンチにはマジつらい。あれこれ情報を比較する中、「ぴったりのルンバが、スグわかればいいのに~」と頭を抱えました。

そんなわけで、機械オンチな私でもスグわかる「オススメのルンバの種類が10秒でわかるチャート」をつくりました。1分でわかる、2018年の最新情報つきでご紹介します!

10秒でわかる!我が家にあうルンバ 診断チャート

 

2018年最新のルンバの各種類 1分でカンタンに解説!

診断ができて、どのルンバがオススメかわかったら、ルンバの各種類の特徴を説明します。

 

ルンバ641…シンプルで操作迷わず!ボタンをポチって掃除開始

ボタンひとつで掃除がスタート。終了すれば充電器に戻っていく。稼働時間は60分。シンプルな操作で、だれでもスグ使いこなせるのが何よりの強み!ルンバのエントリーモデルです。

価格最優先!スマート家電は難しい!説明書読むのすら苦痛!という人にオススメです。

価格:43070円(公式サイトより、以下同)

 

ルンバ690…スマホ操作も可能に!きまった曜日・時間や外出先からの掃除もOK

シンプル・イズ・ベストなルンバ641の操作性をのこしつつ、ルンバ690からは、スマホのアプリ「iRobot HOME」アプリが使用可能になります。きまった曜日・時間にタイマー予約をして掃除をしたり、外出先から掃除の指示をだすことができます。

価格をおさえつつ、スマホでより便利にルンバを使いたい人にオススメ。

価格:53870円

ルンバ890…強力モーターで、ゴミ除去量1.5倍!目に見えないゴミも逃さない

641、690の「600シリーズ」に比べ、ゴミ除去量は1.5倍に。吸引力がアップし、目に見えないゴミや大きなゴミも吸えるので、部屋がよりキレイに。ルンバ内のゴミが満タンになったときにサインが出るなど、細かい使い勝手も向上してます。

価格はおさえつつも、ルンバを掃除のメインにしたい人にオススメです。

価格:75470円

ルンバ960…ナビ&稼働時間が強化!複数の部屋もバッチリ掃除

641、690の「600シリーズ」に比べ、ゴミ除去量は1.5倍になるのに加え、最大稼働時間が75分にナビも大幅強化され、カメラやセンサーで掃除されてない場所を判断します。複数の部屋もバッチリキレイに掃除できます。

ルンバ960、980の「900シリーズ」からは、スマホの「Clean Mapマップレポート」の機能で、掃除したエリアを見ることも可能に。

家のどの部屋のドコがそうじされたか、まるわかり!

複数のフローリング中心の部屋を、ルンバをメインで掃除したい人にオススメです。

価格:97070円

 

 

↓ちなみに、我が家は「ルンバ960」を使用。フローリング中心のため、カーペットに強い「ルンバ980」ではなく、あえて960としました。使用感やメリット・デメリットは下記から。すごい量のホコリが取れて驚愕しました…!

【ルンバ960 口コミ】4か月で39回21時間使ってみたメリット・デメリットまとめ 購入の参考に!

2018.03.15

 

ルンバ980…まさに最強のルンバ!2時間稼働、カーペット・ラグ上では自動で吸引力10倍に

ルンバの最高モデル。600シリーズに比べで、2倍のゴミ除去量を誇ります。稼働時間も2時間とぐんと長くなり、複数の部屋、大きな部屋も確実に掃除を完了してくれます。

さらに980だけにあるのが、「カーペットブースト」の機能。カーペット・ラグの上では自動で吸引力が10倍になって、繊維の奥に入り込んだホコリ・髪の毛も吸い取ります。

ゴミが多くなりがちな小さな子やペットがいル中、そうじが難しいカーペット・ラグがある部屋を複数掃除したい人にオススメです。

価格:135000円

 

↓各種類のくわしい比較表は、公式サイトのこちらのページが一番わかりやすいです。詳しい比較をみたい場合にはぜひ。

まとめ

ルンバは高い買い物です。せっかく買って、後悔したくない気持ちでいる方の判断のお役に立てますと幸いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください