集中力が欲しければ、デスクライトを変えよう。TaoTronics TT-DL13レビュー

 TaoTronicsタオトロニクス TT-DL13
管理人azusa
パソコン作業、どうにも集中できない…目が疲れて、眠くなる。
私、集中力がないのかな…

そんな現状に悩んで、デスクライトTaoTronics(タオトロニクス) TT-DL13を導入してみました。

 

Amazonで、★4.5評価、739件ものカスタマーレビューが投稿される、いま人気のデスクライトである、タオトロニクス TT-DL13。

 

その実力はというと…使った初日から、目が疲れず、サクサク集中!

疲れて帰宅した日の夜だって、睡魔がやってこない、パソコンの作業がはかどりまくりの、びっくりな逸品でした。

デスクライト一つ(しかも約4000円)で、集中力は買える時代なのを痛感…

 

そんな高コスパなデスクライト・タオトロニクス TT-DL13をレビューします!

管理人azusa
タオトロニクス TT-DL13は、大人はもちろん。
安心安全設計で、子供の机・リビング学習にも、イチオシです!




タッチ操作で明るさを一発変化。LEDデスクライト 「TT-DL13」とは

TaoTronics デスクライト

引用元:TaoTronics

タオトロニクスのデスクライト TT-DL13は、光の色、明るさのレベルを調整できる、デスクライトです。

その魅力は何と言っても、明るさ調整しやすさにあり!

タッチパネルの上で、ススっと指をうごかすだけで、明るさのレベルを変えることができるんですよ。

タッチパネルで明るさ変更
管理人azusa
うわ、なんかやみつきになる!

ちなみに台座をポンポンおすと、光の色をかえることもできます。

色もかわります

引用元:TaoTronics

「今は勉強中だから、勉強モードのクールホワイトの色で集中!」

「寝る前の読書は、黄色にして、ゆったりリラックスしよう」

なんて、使用シーンと目的にあわせて、カンタンに光の色を変えられるんですよ。

 

管理人azusa
「え、光の色なんて…変えなくてもよくない?」

 

…そう思われる方にこそ、ちょっと聞いてほしいんです…!

実は、光の色で、人の集中力は、大きくかわるんです。

実際に使ってみて、その効果を実感したので、お伝えします!

タオトロニクスのデスクライト TT-DL13を使ってみた!

リビングに設置してみた

というわけで、タオトロニクスのデスクライト TT-DL13、実際に使ってみたレビューです。

 

平日の仕事終了後、タオトロニクスのTT-DL13を使い、21:00から、作業してみました。

 

今回は、勉強に集中できる「スタディモード」の、ちょっと青白めの光です。

リビング学習にも使えます

小学生のころから30代の今まで、リビング学習派

1時間ほど使ってみて気付いたのは…

管理人azusa
画面が見やすいな~。それに、目がショボショボしない。

しかも、眠くならない!

 

目が疲れないし…何より、いつもは22時にはやってくる睡魔が、やってこないんです!

 

これまで、夜になかなか集中できず…

眠くなっては、何度も席を立ったりコーヒーを入れたりして、睡魔と闘い続けていたんです。

管理人azusa
サクサク、作業に集中できる…!

 

21時~23時まで、2時間ほどワードで作業しましたが、がっつり集中できました。

――そんな調子で、一週間ほど使い続けてみたら…あら不思議。

仕事の勉強も進む! 作業もサクサク、こうしたブログ更新もはかどるようになりました。

 

管理人azusa
明るさ一つで、睡魔がやってこない!鬼集中できる!

わーん、もっと早くから使えばよかった…!

 

ここまで、しっかり集中できた理由は、光の色にあります。

 

蛍光灯やLEDには、「白昼色」、「昼光色」、「電球色」の3色あり、白昼色は太陽光に近い白色、昼光色は青みがかった白色、電球色はオレンジ色の混ざった白のことを指します。
 
集中力をアップさせたいのなら、白昼色か昼光色がベストです。
 
その中でも、若干青みがある昼光色は脳をリラックスさせ、集中力を上げてくれるので非常にオススメです。

大学受験予備校 猫の手ゼミナール「集中力を大きくアップさせる照明術」

 

管理人azusa
要するに、集中したいなら、白っぽい光が大事なのか!

 

実は、タオトロニクスのデスクライト TT-DL13の「スタディモード」光の色は、まさに上記でいう「昼光色」。

TaoTronics明るくてらしてくれます

昼光色で机周りがパッと明るくなり、集中力もアップ!

自然光に近い光の色(6000ケルビン)で、白いノート、文字がいっぱいの本だって、明るく照らしてくれるんです。

 

一方、電球色の照明は、リラックスするのには向いてますが、眠くなる効果があります。

管理人azusa
ええ、集中できない私がいる、わが家の照明は…ほとんど電球色でした…。

 

集中できない・眠くなるの原因は、ただの疲れだと思ってたんですが…

まさかの「照明」のチェンジで解決するとは、驚きでした!

 

管理人azusa
明かりひとつで、人の作業環境は大きく作業されます!

\集中モードはデスクライトで作れる!/

タオトロニクス  TT-DL13のメリット 5つ

ここからは、タオトロニクス  TT-DL13の便利機能を語っていきます!

【メリットその1】 5つのモードで勉強から読書まで、幅広いシーンで使える

色もかわります

引用:TaoTronics

デスクライトを買ってソンしないためにも、活躍のシーンが多いのはとても大事。

タオトロニクスのデスクライト TT-DL13は、生活シーンにあわせ、5つのモードを搭載しています。

勉強・読書・就寝まで、幅広いシーンで使えますよ。

 

搭載しているモード
  1. スタディモード(強)
    勉強の集中を促す。かなり明るい、クールホワイトの色です。
  2. スタディモード(弱)
    勉強の集中を促す。「スタディモード(強)」より、青みが弱い白色。自然光に近い。
  3. 読書モード
    長時間の読書でも疲れにくい、自然光の色です。
  4. リラックスモード
    疲れを癒す。ほっとする黄色。
  5. スリープモード
    就寝時に向いている。暖かい黄色。
管理人azusa
私のお気に入りは、集中力が止まらない、1の「スタディモード(強)」です!

【メリットその2】 タッチパネルで明かりの強さをスイスイ操作

タッチポネルで操作

タッチパネルでササっと明るさを調整できます

明るさを調整するのは、仕事でも勉強でも就寝時でも、とても大事。

けど、明るさの好みは人によって違います。

また、夕方など、まわりの光の環境は刻一刻とかわります。

 

でも、タオトロニクス TT-DL13なら、自分にとって快適な明るさを、タッチパネルでなぞるだけでスイスイ操作

「いまの自分にとって、まさにベスト」な明るさを、スグに見つけられますよ。

 

【メリットその3】調整しやすいヘッドとアーム

アームとライトの可動域が大きい

デスクライトで大事なのは、照らしたいところを、きちんと照らせるか。

いざ買ってみても、ヘッド(明かりの部分)と、アーム(軸の部分)が固定されていて、照らしたいところを照らせなかったら、無用の長物です。

でも、タオトロニクス TT-DL13なら、ヘッドとアームの稼働域が広い

「ココを明るくしたい」なんて思いにも、ヘッドやアームをくるっと回転して、スグこたえられるのは、もちろんのこと。

収納にも、地味に便利です。

収納にも地味に便利

使わないときはコンパクトに収納できます

子供のリビング学習で使う場合、使ったあとはササっとたたんで、テーブルのすみや近くの棚に置いておけばOK。

使わないときは、場所をとらない設計になっているんですよ。

 

【メリットその4】USB充電出力ポートつき

USB充電出力ポートがあれば、スマホの充電もできます

デスクライトでちょっぴり困るのが、電気のコンセントを1つ使ってしまうこと。

スマホや電子機器を充電したいときには、少し不便です。

でも、タオトロニクス TT-DL13は、アームの背後に「USB充電出力ポート」がついています。

 

スマホやipadを充電しながら、パソコン作業…なんてワザも使えますよ。

TaoTronics 明るくてらしてくれます

ipadやスマホを充電&見ながら作業できます

 

【メリットその5】ライトが熱くならない

さわっても熱くない!

大人以上に、子供には、安心安全なデスクライトを使ってもらいたいもの。

タオトロニクス TT-DL13は、LEDで電灯自体の発熱が抑えられるため、ライト部分がとても熱くなりにくいんです。

 

乳幼児がいるおうちの寝室使いや、小学生の子供の勉強用に使っても、安心ですよ。

 

管理人azusa
熱くなりにくいとはいえ、ライトにお子様の手を触れさせないよう、ご注意くださいね。

タオトロニクス  TT-DL13のデメリット

台座

デメリットは、アームの下の、台座の大きさです。

台座は円形、直径17.5㎝あります。

 

リビング学習くらい大きな机に置く場合は気にならないのですが、デザイン性が高い机など、ちょっと狭めの机に置く場合には、注意が必要です。

横幅が 50㎝、奥行きが30 cm くらいの机だったら、とくに勉強の導線のジャマにならず使えますよ。

管理人azusa
ちなみに子供用の一般的な学習机は、幅が1m、奥行は60~65㎝。問題なく設置できますよ!

 

タオトロニクス TT-DL13の口コミ・評判

リビング学習にもデスクライトはオススメ

 

これまで子供が口を酸っぱく言い続けてもライトをつけないままで、机に向かっていることが多々あったのですが、こちらに変えてからはなぜかいつもライトが点いている。
子供に訳を聞くと、「こちらの方が明るいから」だそうです。
金額でもメーカーでもないんですね。お勉強になりました。

Amazonより引用

 


読書や勉強するときに活用しておりますが、明かりを調節でき、そこまでスペースも取らないので便利。
デスクライト自体の形がスマートでおしゃれな部屋にも合うと思います!
デスクライトを求めている方にはおすすめの一品です!

Amazonより引用

 

光の色味も変えられて、光の強さも調節出来て…!とっても良いです!
土台は多少大きく、場所を取る気がしますが、私はその上に高さ10センチほどのフィギュアを置いて、小さめの時計を置いて、スペースを活用しています。

Amazonより引用

 

光量の調節がスーっと指を動かすだけでできるので、楽チンです。
見た目的にもとてもスタイリッシュなので、アトリエのインテリアを邪魔せず、置いていておしゃれな感じがします♪

Amazonより引用

 

管理人azusa
親子ともに使い勝手がいいのに加え、インテリア性も評価されてます!

TaoTronics TT-DL13レビュー 向いてる人・向いてない人・まとめ

インテリアに溶け込むスタイリッシュさも、お気に入り

以上、タオトロニクス TT-DL13のレビューでした。

 

明るさの調整がきき、USB充電出力ポートまでついて、勉強や作業にしっかり集中できる、タオトロニクスTT-DL13。

向いている人、向いていない人は、以下です。

 

向いている人
  • デスクライトの用途は勉強・読書・睡眠とわりと広め
  • 親子で使う
  • コスパ重視
  • 軽くて持ち運びがきくデスクライトがほしい
  • 電子機器の充電機能は、USB充電出力ポートがあればOK

 

向いていない人
  • クリップ式など、台座が狭めのデスクライトを探している
  • 電子機器の充電機能は、電子機器をおくだけで充電できるものがいい

タオトロニクス TT-DL13は、値段は4,000円前後とお値ごろなのに加えて、Amazonで★4.5評価、739件ものカスタマーレビューと評価は高い!

加えてAmazonで、2017年度の「最優秀セラー賞」を獲得するなど、品質はおすみつきです。

多く売れたものしか取れない賞です!

 

明かりは軽視されがちですが、意外なほど、人の集中力に大きな影響を与えるもの…。

あなたがもし、「勉強や作業をしても、なんかはかどらない…」なんて、思っているのなら。

今すぐにでも、タオトロニクス TT-DL13を試してみるのがオススメです。

 

「ま、そのうちね~」と思っていると、時間はすぎていきます。

できたはずの勉強時間や、作業時間がムダになるのは、本当にもったいない…!

 

睡魔と闘うムダな時間を、タオトロニクスTT-DL13で、とても大事な勉強・作業時間にサクっとチェンジしちゃってくださいね。

\睡魔を集中に変えるデスクライト/

 

\商品情報/

商品名 TaoTronics  TT-DL13
値段  3,999円 (2019年7月現在)
サイズ  33 x 18 x 40 cm
重さ  835g
消耗電力  12W
ルーメン 410 lm
明るさ 7段階
色モード 5種類
メーカー保証期間 18か月+12か月(製品登録後)

 



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

家事のデジタル&効率化を研究する30代ワーママです。 家事の効率化で、空いた時間は家族と仕事のために。 フルタイムで仕事しつつ、不妊治療~妊娠~出産~育休~フルタイム復帰でギリギリなう★←イマココ