ひきこもりですが何か。産後1か月たったし、オススメ育児家電トップ3を紹介するよ!

産後1か月。ムスメが産まれて新米母となった自分の悩みといえば、ありきたりですが「赤ちゃんが寝なくて、寝不足」「赤ちゃんがギャン泣きして、泣き止まない」「家から出られずストレス解消がしにくい」。

先輩ママたちに聞いてはいましたが、いざ自分がその立場になるとやっぱりツラい。出産でボロボロの体に、睡眠不足と大きな泣き声は、こたえました…。

たとえるなら、ドラクエでHP1でフィールドに放り出された感じでしょうか…宿屋いかせてくれよマジで…orz

そんな産後1か月を救ってくれたのが、家電。産後1か月で体もままならならず、何もかもわからず手探りで第1子を育てつつ家に引きこもる中、「これは使えた!」と思った家電を紹介します。

3位 VAVA ベッドサイドランプ

夜用のLEDライトです。生後1か月の娘のふとんの枕元に1つ、夜間授乳の際につかうためリビングに1つ置いて使っています。オレンジ色の優しい光で、枕元においても安心して眠れるのに、顔がきちんと見える明るさがツボ。

生後0~1か月の娘、母乳とミルク混合で3時間おきの授乳です。夜間授乳は2~3回。初めは夜中のおむつ替え&授乳を暗い中でするのが不安で、明るい部屋で授乳をしていました。すると娘がハッキリ覚醒→そのまま寝ない→寝かしつけに1時間かかってしまうことが…。

助産師さんに相談したところ「1か月になったら、昼は明るく夜は暗く、メリハリつけて規則正しくを意識してくださいね。寝てくれるようになりますよ」とアドバイスをいただきました。そこで、娘の生活時間を整えるためにも、夜は暗い場所での授乳をしようと決意。

おむつ替え、授乳にもすっかりなれたので、上記のライトを導入。手元50cmはしっかり照らしてくれるけど、明るすぎないライトなので、娘の夜間授乳&おむつがえもしっかりできました。

導入後の娘はといえば、夜間授乳後にコテンと寝てくれる確率がアップ!昼夜逆転もほぼなくなり、朝は6時20分、夜は9時には寝るように。規則正しい生活が身に付きつつあり、私の睡眠時間もコマ切れで6時間はとれるように…!!!! ときに4時間はまとめて寝てくれることも。

まとめて寝てくれるってホントありがたいんですよ。1時間2時間のコマ切れ睡眠って、同じ睡眠時間でも疲れが全然とれないので…。娘よ、お母さん、めちゃくちゃうれしい…(涙)。

ライトじたいの使い勝手も◎です。ライト部分を2回ポンポンとタッチすれば、明かりのオンオフができるので、夜暗い中でもスイッチ探しが不要でストレスなし。さらにライト部分が熱くならないので、安心して赤ちゃんの枕元にもおいておけます。あと、デザインがシンプルでどんな部屋にも映えるのもうれしいです。

ただ、横モレ&背中モレするくらいの、大量うんちの時のおむつ替えのときには、このライトの明かりだけではたりません。うんち拭き取りだと時間がかかるので、あきらめて洗面所のシャワーで娘を洗うことにしています。どうせうんちモレした服も、洗わなきゃなので…。

2位 コンビ おしりふきウォーマー

おしりふきシートを温める機械です。おむつ変えのときに使ってます。「冬生まれだし、とりあえず買っておくか~」と産前に買ってみたら、大正解。これがないとおむつ替えしたくないってくらいに、我が家では必需品となりました。

まず、温かいシートに安心するのか、おむつ替えで娘が泣かない!

おむつ替えのスピードも上がります。おしりふきシートは、そのままだと2枚3枚でてきたりして何気にストレスなのが、おしりふきウォーマーだとうまい具合にシートが1枚1枚ひきだせるので、赤ちゃんを待たせずスムーズにおむつ替えができるんです。加えて温かいおしりふきシートなら、足にこびりついたうんちに数秒あてておけば、落ちやすくもなります。肌荒れ防止にも超大事。

ちなみに、とある夜中、たまたまおしりふきウォーマーの中のおしりふきをきらして、冷たいおしりふきで拭いたとき、娘、ギャン泣きでした…。「夜中に大声、大丈夫かな…」と思うのに加えて、手足をじたばた動かして、うんちモレの被害が拡大しました…(涙)。

おしりふきウォーマー一つで、ギャン泣きの原因を1コつぶせる。うんちモレ被害を最小限にできる。そう考えると間違いなく買いです。

1位 グーグルホーム

最近はやりの、スマートスピーカーが、まさかの「買ってよかった」育児家電の1位です。「OK,グーグル」で好きな音楽かけたり、タイマーつけたり、買い物リストをつくったりできます。

産後1か月は、ホントストレスたまります。産後でホルモンバランスが崩れて感情的になってるとこに、睡眠不足。体がいつ回復するかわからない不安。それに赤ちゃんはギャン泣き。

ストレス解消しようにも、産後1か月は新生児で外出がはばかられるので、お出かけもできない(ていうか、外出するほどの気力体力なんて、わかなかったのが正直なトコ)。赤ちゃんはしゃべれないし、なんか間が持たない。テレビももともと見る方ではないので、ストレス解消に使えず…。

そんな私のストレス解消の救世主が「グーグルホーム」でした。アプリの音楽プレーヤー「Google Play」に自分の好きな曲をいれて、娘用に童謡やオルゴールの曲をいれて、ずっと流していました。

「Google Play」は定額の音楽聴き放題で、980円で約4000万曲を聞くことが可能です。JPOPや洋楽、クラシックはもちろん、育児に役立つ童謡、さらには寝かしつけ音楽まで、幅広い曲がそろっています。

音楽の力って意外とスゴいです。好きな音楽かけてるってだけで、産後の激しいアップダウンの気持ちが上向きになります。しゃべれない赤ちゃんと1日中ずっと家にいるのって、間が持たなくて意外とツラいんですが、音楽かけてるってだけで間がもちます。

あとは子供をあやすのにも最高。ギャン泣きしたときはだっこして、自分の好きな曲に合わせてスクワットしてみたり(娘はだっこ&上下運動大好き。キゲンいいときは、童謡を歌いながら娘の手足をうごかしてみたり。童謡って歌詞を忘れてるので、自分だと歌えないので、地味に役立ちます。

YouTubeでわざわざ再生とかおしたりしながら聞いたりしなくても、「OK,グーグル」の一言で流すことができるのも便利。育児は両手がふさがりがちなので。

まとめ

おむつがえなり、子供をあやすなり、育児にまつわる仕事の1つは小さなタスクです。でもそれをエンドレスループするとなると、「ちりつも」でストレスがたまってくる…。その「ちりつも」なストレスを発生させない&解消してくれる家電は、ホントありがたい!

ちなみにこれらの家電、オール1万円以下です。ストレスは解消するのも大事だけど、ためないにこしたことはない!というわけで、導入してよかったです。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください